転職する際に見極めるべきスカウトメールのポイント

スカウト

スカウトメールは基本的に「求人紹介」だと考える

Business 437020 640

最近の転職サイトに登録すると、「スカウトメール」と呼ばれるものが届くようになっているところがあります。しかし、大量に送られてくるスカウトメールは、自分が希望していない内容のものも多いですよね。したがって、転職サイトから送られてくるスカウトメールは、基本的には「求人紹介」だと考えた方が良いでしょう。

経歴を基に送っている可能性が高い

転職サイトから送られてくるスカウトメールは、登録したプロフィールを基に送信されている可能性が高いのです。したがって、昔勤めていた業界の求人が送られてくるケースも多いと言えます。新たな転職先が同業種なら問題はないかもしれません。しかし、まったく違う転職先を考えている場合は、期待外れですよね。では、転職サイトからくるスカウトメールは、どういった点に注意すれば良いのでしょうか。

スカウトメールの見極め方①:確実に面接ができるか

転職したいのですから、スカウトメールが来た際は面接が確実に約束されているかどうかを確認しましょう。そういったスカウトメールは、ただの求人紹介ではないと思って良いといえます。転職したくて登録しているわけですから、面接にこぎつけたいものです。スカウトというほどですから、面接が確実に約束されているものでなければ、応答する必要はないといっても過言ではありません。

書類選考の免除も応答してみる価値あり

また、面接が確実に約束されているケースとして、「書類選考はないですよ」という旨のスカウトメールも応答してみてよいといえます。書類選考がないものも、面接が確実に約束されているものだといえるからです。そういった内容のスカウトメールが来たら、企業が期待している可能性が大きいと思って良いでしょう。

スカウトメールの見極め方②:理由が明記されてある

転職におけるスカウトメールは、なぜ自分をスカウトされたのかについて明記されてあるものも、対応すべきといえます。自分のどういったスキルや経験がスカウト先の企業に必要なのかが明記されていなければ、入社してもマッチしているか分かりませんよね。自分に対して送信されているスカウトメールである、という確信が持てるスカウトメールは、反応してみて良いでしょう。

スカウトメールの見極め方③:担当者が個人名か

また、転職サイトからくるスカウトメールでは、担当者が個人名かどうかも確認しましょう。「○○株式会社 採用担当」など、送信者がその企業の誰なのかが分からないものは、量産されているものの可能性が高いです。したがって、「○○株式会社 田中です」などのように、担当者名がしっかりわかるものにのみ、応答しましょう。

転職サイトからのスカウトメールは「面接確約」「明確な理由・担当者名」が表記されているものに応答する

転職する際に見極めるべきスカウトメールのポイントについて見てきました。いかがでしたか?転職サイトからくるスカウトメールは、ほとんどが求人紹介だと思っても良いでしょう。本当に転職したいのであれば、面接が確約されているか・担当者や理由が明確に表記されてあるかどうかを確認してください。転職活動を有意義なものにするためにも、しっかり見極める判断力が必要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職