エレベーターの乗り降りの順番と上座下座のビジネスマナー

エレベーター

エレベーターに乗る順番は状況によって異なる

Elevator 358249 640

エレベーターの乗り降りのマナーは、上司やお客様と乗る際は必ず行ないましょう。エレベーターに乗る順番のマナーがわからず、いざエレベーターに乗る際にあたふたしてしまっては恥をかきます。

ここでは、エレベーターに乗る順番とそのマナーについて見ていきます。エレベーターに乗る順番がいまいち分からないという人は特に必見です!

乗る順番は自分が先!人がいる場合はお客様が先!

エレベーターに乗る順番に関しては、自分と来客者、どちらが先に乗るべきか、エレベーターに乗る順番にもマナーがあるのはご存知でしょうか。

エレベーターに乗る順番として正解なのは「自分が先に乗る」です。自分はお客様を案内する立場です。エレベーターに乗る順番のマナーは、まず自分が先に乗って、「開」のボタンを押しながら扉を押さえ、後から乗ってもらいましょう。

ただし、すでに人が乗っていた場合はエレベーターホール側のボタンを押し、来客者に先に乗ってもらい、自分は最後に乗り込みます。このように、エレベーターに乗る順番にもビジネスマナーがあるのです。

エレベーターに乗る際は一声かける

先にエレベーターに乗り込む際、さりげなく「お先に失礼いたします」と一声かけるようにしましょう。そうすれば、エレベーターに乗る順番のマナーとして、来客者も乗る順番を認識できるため、その場で戸惑わずに済みます。

基本的に、エレベーター内での会話や携帯電話を触る行為は禁止です。ただし、来客者の方から声をかけてきた場合は、きちんと応じましょう。

エレベーターを降りるときのマナー

エレベーターに乗るときと同様、降りるときもマナーがあります。ここでは、エレベーターを降りるときの順番のマナーについて見ていきます。あなたはエレベーターを降りるときにもきちんとマナーを守れていますでしょうか?

降りるときは来客者が先

エレベーターを降りる際の順番のマナーでは、乗るときは「自分が先」でしたが、降りるときの順番は「来客者が先」です。

エレベーターに乗るときと同様に「開」を押しながら反対の手で扉を押さえ、来客者に先に降りてもらいます。

目的の階に着いたら、来客者が戸惑わないよう「どうぞ」と声をかけ、「こちらでございます」と進行方向を告げてあげると良いでしょう。

エレベーターの上座と下座のマナー

エレベーター内では乗り降りする順番とはまた別に、エレベーターには立ち位置の場所にもマナーがあります。ここでは、エレベーターの上座と下座のマナーについて見ていきます。

しっかりマナーを守って、恥をかくことのないようにしていきましょうね。

Bare trees city skyline sun sky 640x427

立ち位置は操作ボタンに近い方が下座

エレベーター内にも上座と下座といった場所が存在し、操作ボタンに近い場所が下座、奥が上座です。他にも利用者がいた場合は、できれば来客者や上司が上座に乗る事ができるように場所を誘導しましょう。

目上の人が先に乗っていた場合、「かわります」と声をかけて自分が下座になるように場所を移動するとスマートですよ。

操作ボタンが2箇所にある場所は右側が下座

エレベーターによっては操作ボタンが2箇所の場所もありますよね。その場合は、エレベーターに乗って右側の操作ボタンの場所が下座になります。そして、その対角線上の左奥の場所が上座です。

来客者および上司とエレベーターを利用する際、当然ですが、役職に関わらず来客者が上座となるのでエレベーターの乗り降りの際には、場所にも気をつけましょう。

操作ボタンの前にいるときは操作をする気配りが必要

自分がエレベーターのボタンを操作する場所にいたときは、その振る舞い方にも注意しましょう。後からエレベーターに乗る人に対して「何階ですか?」と声をかけたり、乗り降りの流れを確認しながら「開」「閉」のボタンを操作するという気配りが必要です。

また、逆に乗るときや降りるときに操作してもらった場合は御礼を言いましょう。エレベーターを降りる際にも「ありがとうございます」や「失礼します」と軽く会釈するとスマートです。

エレベーターで乗り降りする際は順番と場所に十分に気を付ける

エレベーターの乗り降りの場所と順番に関するビジネスマナーについて、いかがでしたでしょうか。ここでご紹介したエレベーターに乗る順番や降りる際のマナーはビジネスパーソンとして基本的なルールですので、エレベーターに乗る順番であったり、下座や上座などを知っておいて損はないでしょう。

ただし、大切なのは気持ちです。エレベーターに乗る順番のマナーを守っていても、心無い対応では意味がありません。多少エレベーターに乗る順番のマナーを誤ってしまっても気持ちをこめてご案内をすれば、相手にも伝わるはずです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス