有給休暇を申請するときの注意点と提出する理由について

有給休暇

会社の状況を見て有給休暇の申請をする

A0003 001572

有給休暇を使用する権限を持っていれば、基本的にいつでも申請できます。しかし、会社が繁忙期で忙しく、有給休暇を取得することで人不足に陥ることが予見できる場合は理由付きでも認められにくいでしょう。したがって申請をせずに閑散期を待つことがマナーです。いかなる理由があって有給休暇の申請ができたとしても、実際に働いている会社の心象が悪くなることを避けましょう。

正当な理由があれば繁忙期でも申請できる

どうしても有給休暇を申請しなければならない正当な理由があれば、繁忙期であっても申請できます。その正当な理由としては、親族の冠婚葬祭や自宅の工事の立会いなど、日程を調整することができない内容であれば、繁忙期でも申請して問題ありません。ただし、その時には必ず有給休暇前までにできる仕事を少しでも終わらしておくことが大切です。

有給休暇の申請は必ず一週間前までに行う

有給休暇は、急に取得しようと思えばできますが、社会人のマナーとして有給休暇の一週間前までに申請しましょう。急に休まれてしまうと、理由が仕方のない内容でない限り、会社の心象が悪くなる可能性が高いです。労働者が当然に利用できる権利や理由であっても、社会人としてのマナーを守って有給休暇を利用することが大切です。

一週間以上前から上司に相談して有給休暇の許可を貰う

有給休暇の一週間前までに休暇届もしくは欠勤届を提出することになりますが、いきなり書類を提出するのではなく、事前に上司に理由を含めて相談をしておきましょう。上司に有給休暇を申請したい理由を含めて相談をして、許可を得てから正式に書類を提出することが大切です。いきなり書類で理由もなく申請されてしまうと、労働者に与えられた権利であってもマナー違反になります。

シフトやスケジュールを確認してから申請しよう

ゴールデンウィークや、子供の夏休み期間中などは、旅行を理由に有給休暇の申請が一気に増えることがあります。有給休暇を申請する前に、シフトやスケジュールを見て、有給休暇の取得者が多すぎないか確認しておきましょう。既に有給休暇の申請をされているのであれば、今回は譲って別の日に有給休暇を取得しましょう。そういった会社への気遣いをすることも大切です。

自分が担当する仕事の日程も把握して申請しよう

有給休暇の取得者が少なかったとしても、そのタイミングで自分が担当する仕事が開始する場合には有給休暇の取得は避けましょう。シフト上、自分がいなければ業務が上手く進まないことが考えられるのであれば、自分の代理を立てるか、有給休暇の取得日をずらしましょう。仕方のない理由でない限りは、仕事を最優先にして有給休暇の取得日を決めることが大切です。

有給休暇の申請は理由によっては会社の状況を優先し時間に余裕を持って業務との兼ね合いを計ることが大切

有給休暇を申請する時の注意点と提出する理由についてご紹介しました。有給休暇の申請は会社の状況をみることがマナーとなります。ですが正当な理由があれば繁忙期でも申請することができます。そして有給休暇の申請は必ず一週間前に行う必要があります。したがって一週間以上前から理由を含めて上司に相談し、有給休暇の許可を貰うようにしましょう。有給休暇の取得でトラブルになることがないように、自分の担当する業務と取得日を調整しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス