退職時に厚生年金から国民年金に切り替える際の流れ

厚生年金, 国民年金, 退職

退職時には厚生年金から国民年金に切り替えが必要

Braian

退職する前は厚生年金に加入している場合が多いため、基本的に年金の制度は違うものを利用しています。しかし退職すると、厚生年金から国民年金に切り替えられる事となり、この厚生年金から国民年金の切り替えを速やかに行っておかないと、国民年金の支払いに影響が出てしまう場合があります。

そして国民年金の支払いのタイミングが遅くなると、滞納していると判断される場合もあるのです。

国民年金への切り替えは自ら行わなければならない

先ほども紹介したように、退職時には速やかに厚生年金から国民年金に切り替えを行うのが大切であり、あまり長い間放置するのは避けなければなりません。

また自分で、厚生年金から国民年金に切り替える手続きをしていかないと駄目ですので、誰かがやってくれるだろうという気持ちは捨ててしまいましょう。退職した際は、すぐに厚生年金から国民年金に切り替える手続きを行って、年金の支払いが出来るようにしてください。

退職の際には14日以内に役所の年金窓口で切り替えする

基本的には、退職時に厚生年金から国民年金に切り替えをする事になりますが、この時は役所の年金窓口に行きます。役所によっては年金機構での切り替えを要求される可能性もありますが、多くの場合は近くに年金窓口があるので、そちらで厚生年金から国民年金に切り替えの手続きを行う運びとなります。

退職してから14日以内に、切り替えるのが必要で14日を超えてしまう事は許されません。

手続き後は国民年金支払い用紙が届くまで待つ

窓口に行って必要な手続きを行うことにより、年金の種別が変更されるようになります。これにより国民年金の支払いが可能となりますので、支払いが出来ない状態となるケースも殆どありません。すぐにでも支払いが出来るようにしてくれますが、多くの場合は国民年金の支払いが出来る用紙が届くまでは、待つことになります。

退職で厚生年金から国民年金に切り替えるには年金手帳と印鑑が必要

退職で厚生年金から国民年金に切り替えるために、必要なものが幾つか用意されています。具体的には年金手帳と印鑑です。

まず、年金手帳ですが、これによって厚生年金から国民年金に切り替える必要があります。色々な手続きをするためや、番号を確認するために必要となっているので、年金手帳を持ってから役所へ行くようにしてください。忘れてしまうと後日手続きとなってしまいます。

Coffee

国民年金へ切り替えるために必要な申請書は重要書類のため印鑑を押す

印鑑は当然ながら、書類に押すために必要となります。厚生年金から国民年金に切り替えは重要な書類として判断されるため、印鑑を押さなければなりません。印鑑を押さないまま提出する事はできませんし、役所も押すように言ってくるので、必ず印鑑を持って窓口で手続きしましょう。忘れた際は書類を持ち帰って印鑑を押すということもできます。

退職で厚生年金から国民年金に切り替える際は14日以内に役所の年金窓口で手続きをする

退職時の厚生年金から国民年金に切り替えについてまとめましたが、いかがでしたか?退職時に厚生年金から国民年金へ切り替えるといった手続きはとても大切であり、手続きをやっておかなければ後から年金未払いなどの問題となる場合があります。

そのような理由もありますので、退職時にはなるべく早く厚生年金から国民年金に切り替える対応を心がけましょう。また手続きをする際には年金手帳や印鑑といった必要なものを持っていくのを忘れないでください。厚生年金から国民年金に切り替えが終われば、後は支払いをするだけとなります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職