源泉徴収簿の適切な書き方と源泉徴収票との違い

2016年12月19日源泉徴収

源泉徴収簿とはそもそもどのようなものか

A0002 005492

源泉徴収簿は源泉徴収票と異なり、月ごとの給料支払いが確認できるようなリストと考えてください。そのため会計関連の仕事をしている方以外は、殆ど目にすることはありません。社員の方が源泉徴収簿を見ることは滅多になく、源泉徴収票という形で提示されることの方が大半です。従って存在自体を知らない人の方が多く、見たことが無いと回答する方も結構多くなります。

源泉徴収簿の書き方は源泉徴収票とは異なり法令に定められておらず自由

源泉徴収簿は法令で定められているわけではないので、書き方や利用するソフト等は自由に設定してもいいことになっています。書き方が分からないという場合は、色々な方法を調べてその通りに記載しても構いません。大切なのは源泉徴収票にした時、しっかりと数字が出せるようになっているかです。源泉徴収簿でおかしな数字を記載しておくと、後から大変なこととなってしまいます。

源泉徴収簿の書き方としてまず収入欄を記入すること

基本的に源泉徴収簿は用紙が存在するので、この用紙に必要な項目を記入することとなります。書き方としては、まず給料部分の計算を行い、年末調整と同じように数字を算出します。次に賞与についても渡しているのであれば、同様に計算して源泉徴収簿に記載して行きます。こうして源泉徴収簿の収入欄を記載して、次のステップに進めていきます。

控除する部分を記入し源泉徴収簿を完成させる

書き方は次のステップに入り、源泉徴収簿の控除部分を作り上げます。扶養控除がある場合は、どれくらい控除されるのかを調べて記載することとなります。保険やローンについても控除が認められるので、書き込める部分は全て書くこととなります。こうして色々な部分の控除が終わったら、最終的な数字が提示され、源泉徴収票として出すことができます。源泉徴収票を作るためには、源泉徴収簿が必要であることを理解しておくといいでしょう。

源泉徴収簿と源泉徴収票の違い

書き方については特に違いは無いのですが、源泉徴収簿と源泉徴収票は見る人が異なるという違いを持ちます。源泉徴収簿を見ている人は、会計関連の仕事をしている方だけで、書き方をよく知っています。一方で源泉徴収票は社員すべてが受け取ることとなり、書き方を知らない人も多いです。また源泉徴収簿は法令で定められていないものの、源泉徴収票は法令で定められている違いもあります。

源泉徴収簿は一般の社員になじみがない

源泉徴収簿の書き方を知らないまま生活をすることも多いですが、重要な書類であることを理解してください。源泉徴収票のように、自分が書き方や見方を知っていなくてもとりあえず生活はできます。ただ重要な書類であると同時に、書き方を知っていなければ駄目な場面が出てくる可能性もあります。色々な視点で源泉徴収簿について理解を深めておくと、将来的にはスムーズに進められることが出てくるかもしれません。

源泉徴収簿と源泉徴収票の違いと書き方は知っていた方がスキルアップにつながる

源泉徴収簿はあまり見ないことですが、書き方を知っておくことによって色々役立つ場面も出てきます。一方で源泉徴収票はよく見る用紙となりますから、自分が知らないといけないことも多いです。また源泉徴収簿は会計の人が作るものであり、源泉徴収票とは若干書き方が異なる部分も知っておくといいです。作る機会があるのであれば、色々な方法で作れることを理解しておくと良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月19日ビジネス

Posted by BiZPARK