「離職票」「退職証明書」の2つの違いを徹底比較

退職証明書, 離職票

離職票とは退職を証明する書類

228 1

離職票は「退職を証明する書類」です。離職票の概要については以下となります。

≪離職票の利用目的≫

ハロワークへの退職証明と失業給付金の申請時、国民健康保険の申請時、確定申告時などに使用します。

≪離職票の発行者≫

退職する企業

≪離職票の発行タイミング≫

会社を退職した10以内に必ず発行。退職時もしくは後日郵送などで退職者に渡される。雇用保険喪失届も同時に発行されます。

≪離職票の内容≫

退職年の給与総額、退職日、退職理由、雇用形態 等

≪離職票の形式≫

記載項目は全社共通(様式などは会社により異なる場合があります)

離職票は退職証明書とは違い、会社を辞めるときに必ず発行される

離職票は一般企業を退職するときに、必ず発行されます。退職後ハロワークで退職の証明と失業給付金を申請する際には、必ず離職票を使用します。

なので退職時に離職票をしっかりと受け取り、紛失しないでください。退職証明書とは違い、離職票は必ず発行される書類です。では次に、退職証明書について見ていきましょう。

退職証明書とは辞めるときの事情にスポットを当てた書類

Daisy 712892 960 720

退職証明書とは離職票と同じで、退職を証明する書類です。しかし概要を見てみると、離職票との違いが見えるでしょう。退職証明書の概要については以下となります。

≪退職証明書の利用目的≫

主に転職先の会社への提出、国民健康保険の申請などの際に使用します。

≪退職証明書の発行者≫

退職する企業

≪退職証明書の発行タイミング≫

会社を退職した10以内に"退職者の任意”で発行。

≪退職証明書の内容≫

詳細な退職理由、退職日、退職時の役職、退職時の給与、退職時の実績 等

≪退職証明書の形式≫

形式は各社自由で会社毎に異なる

退職証明書は転職先の会社に提出を求められる書類

退職証明書とは離職票と似ている書類です。しかし退職証明書とは、詳しい退職理由や退職時の役職など退職時の事情にスポットを当てた書類なので、その点においては離職票と違いがあるでしょう。

退職証明書とは、転職先の会社に提出が求められる書類です。転職先によっては求められない場合もありますが、どういった理由で退職したか、退職前の仕事状況はどうであったかを証明するために存在します。この点において、退職証明書とは離職票との意味合いに違いがあるのです。

なお、退職証明書については形式は自由であり、退職時の実績や功績などを載せるなど、記載項目をアレンジしてもらう事も会社によっては可能となっています。転職先でアピール材料として、退職証明書を活用したいと考えている場合は、確認してみましょう。

離職票と退職証明書重要度にも違いがある

Gf01a201502071400

退職証明書とは離職票と書類の意味が違うと紹介しました。

両者は似ていますが上記の通り目的や役割が違う書類なので、必要となる場面が違います。では離職票と退職証明書とは、どちらが重要なのでしょうか?特におさえておきたいポイントを紹介します。

離職票は金銭面に影響する重要な書類

離職票は、退職年度の給料が記載された重要な書類です。

離職票に記載された金額をもとに失業給付金額、国民健康保険料、確定申告時の税金徴収額などが決まりますので金銭的に影響してきます。退職後必ず利用しますので、会社を辞めた後は必須書類となります。

これに対して、退職証明書とは金銭的な面とは関係ありません。退職証明書とは、あくまで退職した事実を証明するための書類です。利用するタイミングも、主に転職先企業への提出となってきますので(提出しない場合もあり)、離職票よりは重要性は低くなるでしょう。

退職証明書は任意発行なので依頼しないと貰えない

退職証明書とは上記の通り、重要度がそれほど高い書類ではありません。任意発行となり、基本的には退職者が頼まないと本人には手渡されないのです。(退職した会社からハロワークに向けては発行されています。)

退職証明書の重要性は離職票には劣りますが、やはり転職先の会社に求められたときに必要となってくる書類です。また、転職時以外にも退職の証明として使える場面もあります。退職証明書が発行されなかった方は、退職後でも問題ありませんので勤めていた会社に発行を依頼しておくのが良いでしょう。

離職票と退職証明書とは必要に場面・役割・重要度に違いがある

離職票と退職証明書の違いについてまとめてきましたが、いかがでしたか?両者の違いとしては、必要となる場面・役割・重要度が挙げられます。

退職後は様々な手続きがありますので、この2つの違いが分かっていないと、トラブルや余計な手間が生じる事があります。面倒な事にならないためにも違いをよく把握し、また紛失せずしっかりと保管しておく事が大切でしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年12月1日転職