離職票で給与が未計算の場合の対策

2019年8月7日給与, 離職票

離職票自体の有無を確かめてみる

Writing 828911640

離職票で給与額が未計算の場合には、まず手元に資料があるかどうかを確かめる事が大切です。もちろん、人に聞きに行ったとしても一般論しか話してくれないなどの対応の際には離職票自体を持って行かないと答え方も分からない状態となってしまいます。給与が未計算の理由を聞く様にしたとしても給与に関する資料を持っていないと、門前払いされるのがおちなので、自分の会社の資料が届くまで待つ事をお勧めします。

手元に各種資料を揃えておく事が大切

又、離職票自体は会社を退職してから10日以内に渡されるものなので、知識のない人も給与の未計算がどうと言う前に手元に資料を揃えておく事が大切となります。給与に関する資料が揃えば、その次の段階のアクションが起こしやすくなります。

離職票で給与未計算なのは不完全なため

雇用保険法にきちんと離職票は10日以内に届ける様に定めていますが、給与未計算の場合には不完全な形として捉えられるため、基本手当日額には入れません。受給者側に不利になるために不完全な形としてなります。しかし。給与未計算による未記入の状態でも提出する事は出来るので、確認を取って貰う事は可能となっています。

離職票の給与未計算は受給者のために有利な状態

更に給与支払いの締めまでがきちんとされている月までを計算に入れるために起こる事であり、退職される人側の事を考えたものとなっています。離職票の給与未計算は受給者側から見ると良いものであり、非常に意味を成すものとなっており、不利にならない様にしていると考えても良いです。

離職票の給与未計算は最終月を入れていない

離職票における給与額は最終月を計算に入れていない場合も存在しています。上記で記した様に受給者側に不利にならない様にしているためでもあり、計算する必要がないためでもあるからです。6ヶ月を180で割って計算するため、給与未計算として算出される事になり、特に問題がある訳ではありません。

給与の締切日で退職した場合には離職票に記載が必要

これは離職票が給与額未計算で良くても、失業給付等の日額に記入が必要になるパターンがあります。その場合は賃金の締切日で退職した場合には記載が必要となる事もあります。又、労働者の確認の同意は必要がない事も覚えておきたい一つであり、便宜的に未計算とする事も確かです。

離職票の給与未計算の記入では予定の給与額であったとしても備考欄に書き込む

会社を退職する時にやはり考えるのが、未計算の部分です。離職票未計算の記入の仕方は備考欄に書く事を強く勧めています。もちろん、一ヶ月以上先の場合であっても締めの月に退職であっても同じ事となっているので、ノウハウの一つとして考える事も大切です。大切なのは予定の給与額であったとしても備考欄に書き込む事が大切となるので。これを知っておいた上で離職票記入の基本として知っておきたい所です。更に言うなら、昇給などの場合で差額金額がある場合にも備考欄に記入する事が大切となっており、実日数で計算する場合の基礎期間なども覚えておきたい事です。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月7日転職

Posted by BiZPARK