離職票は何に使うのか~退職者が知っておくべき用途~

退職, 離職票

離職票は何に使うのか①:失業手当の申請

Armwrestlingmale

離職票は何に使うのか、最も重要な用途は「失業手当の申請」です。離職票には、雇用保険の加入期間や、会社の勤務状況、退職理由などが記載されます。これをハローワークに提出することで、失業手当の受給額や給付日数が決まるのです。離職票がなければ、失業手当の支給要件を満たしていても、退職してから失業手当の申請を行うことはできません。

自己都合退職の場合は一年以上の雇用保険加入が必須

退職した後に失業手当を受け取ることが、離職票の最も重要な用途です。ただし、離職票があれば退職者は必ず失業手当を受け取れるわけではないので注意してください。自己都合退職の場合、雇用保険加入期間一年以上などの支給要件を満たしておく必要があります。とはいえ離職票は何に使うのか、その用途を理解しておかなければ、失業保険が受け取れないのは確かです。

離職票は何に使うのか②:転職先に提出して職歴を証明する

離職票の基本的な用途は失業手当の申請ですが、他にも離職票の役割はあります。離職票は何に使うのか、退職する人が知っておくべき二つ目の用途は「転職先に前職の証明のために提出する」ことです。転職するとき、転職先の会社に対して、「履歴書に書いた通りの経歴ですよ。その証拠にほら、離職票があります」といって、離職票を提出するのです。

失業手当を受給する予定が無くても必ず発行してもらう

転職先会社は、離職票の記載を見て、履歴書の経歴が真実であること、そして前職を確かに退職していることを確認します。退職するとき、しばしば「失業手当を受け取る予定はないから」といって、離職票の発行手続きをしない方がいますが、離職票にはこのような用途もあるので、退職するときには念のために発行手続きをしておきましょう。離職票は何に使うか、用途は立場によっても違うのです。

離職票は何に使うのか③:国民健康保険加入の際に提出する

離職票は何に使うのか、三つ目の用途は「国民健康保険の加入手続きの際に提出する」です。これは、自治体や役場の窓口の対応によって異なりますが、国民健康保険に加入するときに、会社をたしかに退職していることの証明として離職票を提出することがあります。

国民健康保険加入のために離職票と退職証明書を発行しておく

離職票のかわりに退職証明書を使用する場合もあるので、加入手続きを行うときには、自治体のホームページなどで必要なものを確認しておきましょう。退職した後、国民健康保険の加入手続きはすぐに行う必要があります。離職票も退職証明書も手元になければ、加入手続きが遅れてしまうので、退職するときは、これらを必ず発行しておきましょう。離職票は何に使うのか、その用途を知らなければ様々な弊害を引き起こす可能性があるのです。

離職票は何に使うかは失業手当の申請はメインだが職歴の証明と国民健康保険の加入も大事な用途

以上が離職票は何に使うかについてです。離職票は何に使うのかという問いに対する最も適切な答えは「失業手当の申請手続き」ですが、その他の場面でも「会社をたしかに退職したことの証明」や「国民健康保険の加入手続き」のために使用することがあります。また、上記以外では、退職金優遇金利の短期定期預金を利用する際にも必要になりあます。離職票は何に使うか、その用途は立場やタイミングによって様々であることを覚えておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年12月1日転職