転職活動を行ってもなかなか志望企業に受からない人の特徴

不採用

志望企業の面接に受からない人の共通点は?

African business 668397 640

「会社のあれがいやだ、もっとこんな仕事がしたい」など、今の仕事に疑問や不満を抱いていない人はおそらく少ないでしょう。頃合を見て転職してやろう!と思ったとしても、そこには転職に対する向き・不向きがあるようです。

転職活動をおこなっても、受からない人にはどういった理由があるのでしょうか。

なかなか受からない人の特徴①動機が明確じゃない

転職でなかなか受からない人の理由は、そもそも転職自体に向いていない、もしくはまだ転職するべきでないのに安易に転職活動に走ってしまうといった人のようです。

動機が明確じゃないというのが、一番の理由でしょう。

足りないものにばかり目がいく人が多い

会社の仕事で、何においてもすぐ「足りないもの」に目が向いてしまう人は、転職活動をしても受からないでしょう。

新しい雇用先には、前職には当たり前のようにあったものが見当たらないという問題がよく起きます。面接に受かったとしても、すぐ「足りないもの」に目が行き、転職先の会社に対しても不安が増えてしまうのです。

過度に安定を求めすぎると受からない

転職の際に、応募する企業を選ぶ段階で転職希望者にありがちな、誤解や思い込みなどで多かった理由は、

①大企業は安定している

②ベンチャー企業は不安定

という二点が挙げられます。

この2つは表裏一体で、転職先に安定を求めている人が多いということの表れです。

しかし、国内外の景気動向などは、どんなに歴史のある大企業でも、安泰を約束できるはずはありません。反対に、設立間もない企業のサービスが、たちまち世の中を席巻して存在感を増すこともあります。

安定を求める気持ちはわかりますが、それにこだわりすぎると本当に自分に向いている仕事や、面白い仕事を逃してしまうでしょう。

労働環境・求める仕事など「やりたい」をアピールしよう

転職する際に、一番重要な点は「本人は何がしたいのか?」という理由です。面接で「本当に自分のやりたいことがあるので、転職する」と理由をしっかりと言えない人は、転職活動をしても受からない場合が多いです。

「転職するから年収が上がる」わけではありません。経験を手に入れるための転職であれば、数年後を見据えて、年収が下がるというパターンもあり得ます。大手企業に転職したからといって幸せになれるわけでもありませんし、年収を下げても「とにかくこの企業で、こういった仕事をして、色々な経験を積みたい」と考える人でないと、転職は成功しないでしょう。

なかなか受からない人の特徴②情報収集や自己主張が足りない

転職をしても志望企業に受からない理由の一つに、情報収集や自己主張が足りないというのがあります。

新天地で頑張ろう!と思っていたにも関わらず、中々会社が決まらない、決まっても馴染めずに辞めてしまったという人も多いのです。せっかく時間と労力をかけて行う転職活動です。後悔のないようにしたいですよね?

Feedback 796135 1280

企業や転職活動に対するリサーチ不足

会社を退職して新しく転職を考える際に、最も重要なことと言えば、精密な情報収集です。情報収集にはかなりの時間を費やす必要があるでしょう。

面接の際にも、このリサーチ不足が足かせとなる展開が考えられます。企業研究、情報収集は年密に行ってくださいね。

情報もなく急いで決めた転職は失敗に終わる

情報収集をせずに急いで決めた転職は、失敗になってしまうケースが多いです。

早く今の職場から足抜けしたいと思うあまり、転職先を必要以上に美化したり、情報収集をおろそかにしてしまっては失敗につながるでしょう。

給与などの条件面にこだわりがありすぎても良くない

転職の際に、たとえ同じ条件で働くことになったとしても、入社前から納得している条件で働くのと、入社してみて初めて待遇を知るのとでは気分も全く違います。

「これは違う」と思うこだわりというのは、仕事のモチベーションにも悪影響を与えるのです。しかしながら、条件面にこだわりすぎるとなかなか面接に受からないもの。給料、条件などは最低限のラインを決めておき、譲歩する姿勢も大切ですよ。

自分のやりたいことを会社に伝えないと面接は受からない

会社という組織で働く以上、自分が望んでいる仕事ばかりできるわけではありません。しかし、面接では自分の希望する条件を会社側に伝えれば、自分の人間性や熱意を会社側に理解してもらうことができます。

一番良くないケースは、目標がない人です。採用担当者は、熱意のある人材を欲しています。やりたいことを伝えなければ「やる気」はアピールできないのです。自分の希望や意志などをきちんと自己主張していかないと、成長もできません。

面接の際は、条件面で譲歩する姿勢をみせながらも、自分の主張をしっかり行いましょう。

転職活動を行ってもなかなか受からない人の特徴は情報収集・自己主張が足りない点!

いかがでしたか? 転職活動の面接が受からない人は、焦りなどで一気に転職を進めてしまうのでしょう。情報収集に時間をかけないのが、受からない一番の理由です。

転職する際は、自分がやりたいことを明確にして面接で存分にアピールしてください!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職