どうして面接に落ちるのか|不採用になる理由4つ~気づけない原因と対策をわかりやすく解説

不採用

面接に落ちる原因を理解しているか

面接で落ち続ける人は理由がわからない

Dbcfb470c4164e17

面接で不採用になる人の中には、同じ間違いを繰り返している人がいます。なぜ面接に落ちたのか、その理由に気付かないまま面接を受け続けているのです。理由に気づかないままでは、採用を勝ち取ることは難しいでしょう。

面接での不採用理由を教えてくれる企業はほぼない

面接を受けた側は、もし不採用通知が来た際に理由が明確にわかれば、次の企業の面接でその対策を打つことができます。しかし、企業には不採用理由を開示する義務はないのです。そして実際、不採用理由を開示してくれる企業はほぼありません

「よろしければ不採用の理由を教えていただけませんか」と聞くことはできても、教えてくれる企業はないと思っておいた方がいいでしょう。

理由がわからなければ面接対策ができない

面接の不採用理由を聞けないとなれば、今後どうすればいいのでしょうか。このような場合は、自己分析をするしかありません。面接での不採用理由として挙げられるものを考え、理由を把握したうえでその点を改善すればよいのです。

しかし、中には自己分析をおこなっても、理由に気づけない人もいるでしょう。理由がわからないままで面接対策はできません。そこで、面接に落ちる理由として考えられるものは何か、本記事を通じて確かめましょう。

面接に落ちる4つの理由

理由①:見た目の印象が悪い

A810b00f8aac392f

面接に落ちる理由の1つ目として、「見た目の印象」があります。人は、見た目から受ける第一印象で相手の人物像をつくりあげてしまうものです。そのようにしてつくりあげられた人物像は簡単には修正されにくいので、第一印象は大事になってきます。服装や身だしなみ、マナーなどから悪印象を与えてしまえば、企業は自社にふさわしくない人と判断しかねないのです。

理由②:やる気が伝わらない

数多くの就活生の中からふさわしい人材を選び抜く企業側は、高い志望意欲や熱意のある人を求めています。企業に採用されるためには、強い志望意欲や熱意をアピールすることが大切です。

志望理由があいまいで熱意が感じられない内容だと、「本当に働きたいのだろうか?」とマイナスの印象を与えます。「みんなが受けるから自分も受ける」という主体性のない考えや、働くことに消極的な考えだと、面接時の受け答えでやる気を見せることができず、評価されないでしょう。

理由③:コミュニケーション能力不足

企業はコミュニケーション能力に関しても、面接の重要なポイントとして見ています。というのも、仕事をしていく中で、人間関係を円滑にしていくことは、どの仕事においても必要だからです。

もし、面接で担当者からの質問に対して、的外れな答えをしていたり、求められている内容に答えられていなかったりすると、コミュニケーション能力がないと判断され、不採用になってしまうでしょう。

理由④:事前の準備不足

志望動機やキャリアビジョンの「他企業へ使いまわし」は、面接官に見破られてしまうものです。そこで、志望動機を考える上で企業研究や自己分析が重要になってきます。

面接の中で、仕事に対しての価値観や考え方が、自社の社風や求める人材と合っているのかも判断しています。面接で不採用となったのは、もしかすると、あなたがアピールした仕事に対しての価値観や考え方が、その企業の求める人材と合っていなかったのかもしれません。

価値観・考え方を企業とマッチさせる上でも、事前の企業研究が必要となります。事前にしっかり準備ができているかが、面接に受かるカギとなるのです。

面接に落ちないための対策

服装・身だしなみのチェックを忘れない

D79432f6c232b564

上記で紹介した理由で面接に落ちてしまわないよう、対策をいくつかご紹介します。まず、服装や身だしなみのチェックは怠らないようにしてください。第一印象は見た目で決まります。服装や身だしなみがきちんとしていなければそれだけで悪い印象を与えることになるでしょう。そうならないためにも、以下にチェックポイントを挙げますので、面接の前に再度確認しましょう。

服装・身だしなみのチェックポイント

  • スーツやシャツのしわはアイロンをしっかりかけて伸ばしてあるか
  • 髪型は清潔感のあるものになっているか
  • メイクは控えめになっているか
  • ヒゲはきちんと剃ってあるか
  • キツめの香水やアクセサリーはつけていないか

姿勢や話し方にも注意する

姿勢や話し方も印象を左右しますので、注意しましょう。

背筋を伸ばした良い姿勢を取ってください。話す声が小さいと聞き取りにくく、自身がないように見えるので、大きな声でハキハキと答えましょう。緊張で上手く話せないこともあるかと思いますが、その場合は素直に緊張していることを伝えるのもひとつの手です。

企業研究・自己分析を前もってしっかりやる

企業研究では、その会社がどんな事業をしているのかをしっかりと押さえることが重要です。面接で自分の言葉で話せるように、事前に予測される質問の回答を考えておきましょう。

また、自分の長所、短所を把握し、志望動機に活かすことも大切です。そのためには、自己分析を通じて客観的に自分を見つめ直す必要が出てくるでしょう。自己分析は、付け焼き刃ではできない作業なので、前もってしっかりやることをおすすめします。

傾聴を身につけて面接に活かす

コミュニケーションが苦手という人は、日頃から人の話をよく聞いて、話をすることを心掛けましょう。話を聞くときは、ただ単に聞くのではなく、傾聴をおこないます。

傾聴とは、熱心に話を聞くことで、アクティブリスニングともいわれます。傾聴をおこなうことで話し手を良く理解し、より良い関係を築くことができるでしょう。話し手を見て、時々相槌をうちながら、うなずいたり、言った言葉を繰り返したり、気持ちを汲み取る言葉を伝えながら聴いてみてください。面接時に実行してみると評価される部分です。

転職エージェントを利用して対策を練る

Fb474ed6f49b6709

転職エージェントは、求人紹介や書類添削だけでなく、面接対策も行ってくれます。転職市場に熟知したプロのキャリアアドバイザーが、企業ごとに丁寧にポイントをおさえたアドバイスをしてくれます。

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界実績No.1を誇りますので、ハイレベルなサポートを安心して受けられますよ!

面接に落ちる理由を知ってしっかり対策しよう

面接に落ちるのは、見た目の印象や、コミュニケーション能力不足、事前の準備不足が原因です。やる気の伝わらない志望動機や使い回しの志望動機も面接官にはわかってしまいます。面接に挑むときは、事前にしっかりと企業研究や自己分析をおこなって質疑応答に備えましょう。

見た目の印象をアップするのに、服装、身だしなみのチェックを怠らないようにしましょう。また、面接官の話はよく聞いてピントのズレた受け答えとならないようにしてください。

面接に落ちる理由を理解し、しっかり対策をおこなって面接に挑みましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日転職