転職の内定保留で”必ず覚悟すべき”リスクと注意点

内定保留

転職で内定保留してもOK?返事する期間とは?

216 1

転職で内定保留をした際のリスクについてですが、まずは会社の本音を知っておくべきでしょう。会社側としては、内定したからにはあなたに来てほしいわけですが、承諾するかの結論を先延ばしにしてもらうのですから、さまざなま評価があっても仕方ありません。

中には急募というところもあるので、どれだけ待てるのかは会社に違ういます。実際、保留される側の会社はどう思うのでしょうか?

内定保留しても承諾の返事を待ってくれる会社がある

それでは、転職の返事に関する企業の本音を見てきましょう。

「最近は『第一志望ではないので、待ってください』とハッキリおっしゃる転職者が増えています。ですから特に悪い印象も受けませんし、1週間程度は問題なくお待ちしています」という意見がありますが、反対に、あまり印象がよくないのは事実です。

「当社への志望の意欲は疑ってしまいますが、これも転職者の権利なので、2週間くらいであれば待つようにしています」といった意見もあります。

内定保留の期間の目安はだいたい一週間ほど

転職で内定保留をした際の印象は、やはり会社によって様々ですが、返事の期限としては、おおむね一週間程度なら待つという企業が増えているようです。

転職市場の活性化で、応募者も多様な活動をしていますので、なかなか企業側の思惑通りにいかないと割り切っているところが多いのかもしれません。ただ、転職で内定保留の期間が目安として一週間くらいを過ぎてくると良い印象ではなくなるので注意が必要です。

転職で内定保留したときのリスクとは?

Dress 864107 960 720

ここまでは、転職で内定保留をした際の企業の本音にについて紹介しましたが、今度はこちらが勇気を出して「内定の返事を待ってください」と言ってみたとしましょう。

ここからは、内定を承諾するか辞退するか、返事を保留することで起こり得る事態をあげてみます。はたして、転職で内定保留をした際のリスクとはどんなものなのでしょうか?

転職の内定保留は取り消しや辞退させられるリスクがある

それでは実際に転職時の内定保留が、どのような結果を招く可能性があるか考えましょう。まずは、内定保留の要望を伝えた結果、別の応募者が採用される結果になる可能性があります。

内定を一旦受けておいて、他社の結果を見て辞退、もしくは入社するという方法は、企業側の立場を考えると決してお勧めできません。リスクとしては、直前の内定辞退になると、企業側から損害賠償を請求されるケースもありえるので注意が必要です。

もしも内定を保留するならリスクを覚悟しておく

実際に、転職の際の内定の返事如何で、その内定が取り消しや事態になるケースがあるのかという点は、転職に限らずに返事次第で内定が取り消しになったり辞退をするように求められる事例は、思ったよりも多い現状があるようです。

早い人では、内定保留からわずか3日後に内定取り消しになる場合もあり、内定の返事を保留してしまうと、内定取り消しや辞退といった結論に至るというリスクは、覚悟しておいた方がいいでしょう。

実際に転職で内定の承諾を保留する際の注意点

Alarm 629777 640

それでも、何かしらの理由で転職の内定を保留をしたいとなったときは、当たり前ですが、できるだけ相手の迷惑にならないよう、誠意をもってお願いするのが大切です。

転職で内定保留をした際に誠意が伝わらなければ、どれだけ企業と良い関係を築いていても、それが壊れる可能性があります。

内定取り消しになった体験談…

内定取り消し体験談

私が内定取り消しになったのは、一言でいえば「不誠実な対応をしてしまったから」ではないかと思います。

転職活動をはじめ、比較的すぐ興味のある会社から内定が出たこともあって、他の会社でもうまくいくのではないか、と思い、内定に関する確認をのらりくらりと流してしまっていました。

企業も私が入社しなければ他の候補者の方にアプローチする必要があり、決断時期を設定されるのは当然だと思います。ただ私は、正直にどこの企業を受けたいから少し待ってほしい、といったやり取りをすることなく、回答期限を迎えてしまい内定は取り消しとなってしまいました。

注意点:内定保留をするなら会社側に立った対応を!

このように、就活や転職などで内定を保留をするにしても、返事を先延ばしにするなどで誠意をもった対応をしなければ、取り消しや辞退といった処分を受ける結果になり兼ねません。

そうならないためにも、本当の内定保留理由を言うのではなく、「家族と十分に話し合って決めたいと思っています」などある程度、企業が不快に思わないような返答理由にしましょう。

「ほかの企業の通知を待ちたい」はNG

内定保留をする際は、その理由について企業から間違いなく聞かれると考えておきましょう。そして、承諾か辞退かの返事を決めかねる理由として「ほかの企業の通知を待ちたい」などと言ってしまうのは、それが真実であってもNGです。

これでは、内定をもらえた企業は第一志望でないと受け取られかねませんし、本当にウチで働きたいのか?と企業も疑心暗鬼になります。転職で内定承諾の返事をする際は、入社意思があることが伝わるように話すのがポイントです。慎重に言葉を選びながら内定保留理由を伝えるようにしましょう。

転職エージェントを利用して本当に行きたい企業を絞る

110dd59ecbd831c6

内定保留をするということは、いまいち自分の希望にマッチしていない状況が考えられます。そんな事態に陥らないように、転職エージェントを利用して求める条件にマッチした適職を探してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントは、求職者からヒアリングした情報をもとに最適な企業を紹介し、履歴書作成から面接対策まで、トータルで転職活動をサポートしてくれるのです。

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。無料ですので、ぜひ利用してみてください!

転職で内定をもらった際、承諾の返事を保留にすると取り消しや辞退に繋がるので注意

今回は、転職で内定の返事を保留をした際のリスクについて紹介しました。複数の企業を同時に受ける転職活動では、内定を出してもらったけれどもまだ本命の選考が残っている、という事態は往々にして発生します。

やむを得ず保留にさせてもらうとしても、企業も採用活動にはコストをかけているので、なるべく迷惑がかからないように、誠実な対応を心がけましょう。そうでなければ、最悪のケースは内定辞退や取り消しといったこともありえるのです。内定をもらった際は、早めに承諾する方がいいかもしれませんね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日転職