留学費用を格安にしたい!知っておきたい「安い国」

留学費用

留学費用を格安にしたい「安い国」①:フィリピン

Sea 682122 1280

フィリピンは格安な留学先として今最も注目を集めている国です。留学費用の安い国といって最初に名前が挙がるのはフィリピンであり、実際に留学する人の数も右肩上がりで増えています。

フィリピン留学は本当に安い?

フィリピン留学の費用については【徹底検証!】1ヶ月のフィリピン留学費用の総額って実際いくら?に内訳も含めて非常に詳しく紹介されています。

日本からも比較的近いですし、物価も安いので格安留学先として人気がありますが(そして確かに比較的安いですが)それでもやはり、授業料、生活費、航空機代などもろもろ支払えばそこそこの額になります。

お金に余裕がないと語学に集中することがなかなかできないでしょう。前持った貯金活動が必要です。

フィリピンの環境

フィリピンは留学費用の安い国ですが英語の教育レベルは非常に高く、英語を第二言語としてネイティブ並みに操る人がたくさんいます。子供も含めて現地のタガログ語と英語の両方をしゃべれる人がほどんどです。英語を学ぶ環境としてはそこそこに良い環境といえるでしょう。

実際に行ったことのある人によると

”フィリピン留学で注意しておかなければならないことは、フィリピンの英語は非常に訛りが強いということです。中学高校でアメリカ英語を学んだ日本人には最初聞き取れないことも多くて、はじめのうちはちょっと苦労しました。英語の力試しにと思って現地で人気のジョリビーで英語を使ったら、全然通じなくてショックだった体験があります笑”

たしかに、単に英語を学びたいではなくて、どこでそれを使いたいかというところまで意識していくべきかもしれません。例えばシンガポールでビジネスをしたいからという理由で英語を学ぶのであれば、アメリカで学ぶよりシンガポールで学んでしまった方がいいということもあるかもしれません。

留学費用を格安にしたい「安い国」②:フィジーなら格安で留学

観光地として人気のフィジーですが、近年は留学費用の安い国として知られるようになり多くの留学生を集めています。美しい南国の海とフレンドリーな国民性にのんびりと生活できる環境です。

フィジー留学はいくら?

フィジー留学の費用についてはフィジー留学の費用に詳しく掲載されています。

フィジーでは日常言語としては現地語ですが、共通語として英語が採用されているため英語のレベルは高く、語学留学先として十分なレベルです。現地の人たちの話す英語には訛りがありますが、留学先となる語学学校の講師の英語はとてもきれいな英語なので心配は無用です。

フィジーは物価も安いため、生活費も格安です。留学中は語学学校の寮住まいが定番ですが、寮費も格安なので経済的な負担はかなり軽くなります。

フィジー留学のデメリット

フィジーの語学学校の多くは日本人が設立しており、フィジーに留学する留学生の多くは日本人となります。国際交流をしたいという人にはあまり向かないかもしれません。日本人と日本語でコミュニケーションが取れてしまうと、どうしても英語の上達が遅れてしまうというデメリットもあります。

留学費用を格安にしたい「安い国」③:ノルウェー

Dusk 682091 1280

単なる語学留学ではなく大学以上の高等教育を受けるために留学するのなら、ノルウェーが格安の費用で行ける安い国になります。ノルウェーでは学士以上の教育課程に進む留学生は原則として学費は無料になります。学費が丸ごと無料になるわけですから、留学で必要になるのは生活費のみなので格安で済みます。学生に対しては大学が用意する福利厚生も利用できるので、さらに費用を節約することができます。ただし、毎セメスターごとにSemester Fee(NOK 300-600 each semester)という費用が発生するのでそちらだけは注意が必要です。

参照:Study in Norway(//www.studyinnorway.no/study-norway/Tuition)

ノルウェーの環境(物価が高いので注意が必要)

ノルウェーを含む北欧地域は物価が比較的高い国が多く、ノルウェーも例にもれません。生活費用は支給されないので自身で用意する必要があります。

ワーキングホリデーを選択する留学生も多くいるようです。ノルウェーでは留学生も一定時間内(20時間)ならアルバイトができるので、留学費用の一部を現地で稼ぐことができます。北欧は労働者の権利が保護されているためアルバイトでも時給1500円以上もらえます。週に4日程度働けば、現地での生活費を稼ぐことができてしまいます。

ノルウェーでは高等教育は英語で行われるので、ノルウェー語が話せなくても問題ありません。英語能力は当然必要になります。

格安費用で留学に行くならフィリピン・フィジー・ノルウェーへ

お金がかかるイメージのある留学ですが、探せば格安で留学できる安い国もあります。

高いお金を払って留学しても、本人に意欲が無ければ何の成果も得られません。安い国に留学しても本人が意欲的に勉強に励めば立派な成果が得られます。節約しながらも充実した留学生活を送れるよう、目標を設定し、留学先を吟味してください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス