昇進の打診を上手く断る理由とは

昇進

昇進の打診を断りたいと考えている人は実は多い!

Thinking 277071 640

会社から昇進を打診されれば、いわば「出世」する訳ですから、本来であれば喜ぶべきものです。

しかし世の中には、喜ばしいはずの昇進の打診なのに「断り方を探している」「断る理由を見つけたい」と考える人も多いのです。

では一体、どういった理由で昇進を断りたいと感じてるのでしょうか?

「責任しか増えない」「ストレスが大きくなる」など断る理由は様々!

会社からの昇進の打診を断りたいと考えている人の理由は、以下のようなものが多いようです。

■「仕事量と責任だけ増えて給料に反映されない」

■「癖のある上司との付き合いが増えてストレスが大きくなる」

■「この会社でのキャリアが見えないので昇進したくない」

昇進を断る理由を考えている人は、やはり会社に対して何らかの不満を抱えており、昇進を受けるメリットよりもデメリットの方が大きいといういう結論に達しているようです。

昇進の打診を断る理由は「家族の事情」が無難

では、どのような断り方なら昇進の打診を受けずに済むかとなると、端的にいえばやむを得ない理由がある場合です。

そして、やむを得ない理由としてもっとも無難なのが「家庭の事情」です。

例えば親の介護。昇進の打診が来るようになればある程度の経験を積んでいる年代の人が多く、「親の介護があるからこれ以上、仕事に時間を割けない」などの理由であれば何ら不思議ではありません。

「家庭の事情」を理由にした適切な断り方の例

具体的には、「親の介護が今忙しく、おそらくもっと介護に時間と労力を費やさなければならないと想像されるので、せっかくのお話ですが昇進して責任のある立場につくことは、できればご辞退させていただければ・・・」という断り方にしましょう。

そうすれば、相手も納得できますしそれ以上は何も言えません。昇進を断るのも十分に可能でしょう。

「プライベート」な理由全般が断り方として有効

親の介護でなくとも、プライベートの事情を昇進を断わる理由として有効です。

単に仕事上で責任を負いたくない、残業代が出なくなるから嫌、そんな理由を正直に話しても聞き入れてもらえる可能性は低いといえます。

兄弟や奥さんなど、プライベートのところに理由を置いて断るようにするのが正しい断り方です。

それ以外の理由で断ると会社との関係が悪くなる

Unhappy 389944 640

プライベート以外の断り方では、そもそも昇進を断ることができないだけでなく、会社との関係が悪化する可能性も否定できません。

そうなると結果的に昇進を受けなければならないうえ、周りとの関係も悪くなるだけでメリットがありません。

ですので、理由としては「それなら仕方ないか」と思えるプライベートのものにするのが妥当な判断なのです。

会社からの昇進の打診は「親の介護」などプライベートを理由に断る!

今回は、昇進の打診を上手く断る理由について見てきました。

結論としては、昇進の打診に対しては、親の介護などプライベートを理由にする断り方が無難であり最適といえます。

とはいえ、プライベートを理由に断るとなればある程度は影響が少なくなるものの、何も影響ないという訳でもありません。

昇進を断る際は、メリットとデメリットをしっかりと天秤にかけて、自分にとって最適の答えを見つけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス