アロマテラピー検定の難易度と資格の活用方法

2017年1月16日アロマテラピー検定

アロマテラピー検定は1級と2級に分かれている

Plastic bottles 1080430 1280

アロマテラピー検定とは、アロマセラピストとしての知識や技術を問う資格です。難易度は高いのでしょうか。アロマテラピー検定は難易度ごとに1級、2級があり、毎年11月頃に全国34都市で実施されている資格です。試験はアロマテラピーに関する基礎知識などがあるかどうかをはかります。難易度を確認して資格取得に挑戦すると良いでしょう。

家庭だけでなく医療や介護の現場でも注目されている資格

アロマテラピー検定は、注目が集まっている資格の1つです。アロマテラピーの効用は家庭で楽しむというだけではなく、医療機関や介護などの現場でも注目されています。そうっいたアロマテラピーを安全に実践するには、資格の取得が必要だと言えるでしょう。アロマテラピー検定で基礎知識を習得し、あらゆる場面でも香りを役立てられるようになり、学びを深めることでプロフェッショナルを目指せるでしょう。資格の難易度についてみていきましょう。

アロマテラピー検定2級の合格率は90%程であり難易度は低い

アロマテラピー検定は難易度ごとに1級、2級とわかれています。まずアロマテラピー検定2級は、アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識を問う難易度だと言えるでしょう。2級の合格率は90%程度なので、難易度は低いと言えます。出題範囲は以下の通りです。

・香りを嗅いで精油名を答える問題

・アロマテラピーについて精油の基礎知識

・10種類の精油のプロフィール

・安全な精油の使い方

・アロマテラピー利用法

・アロマテラピーの歴史

・アロマテラピーと地球環境

1級では30種類以上の精油について出題される

アロマテラピー検定1級も合格率は非常に高いので、難易度は高くないと言えるでしょう。独学で資格の取得に励む方も多くいます。1級を取得すれば、よりプロに近づけるでしょう。合格基準は正答率80%となっています。2級と違って、出題される精油が30種類と多くなるのが特徴です。資格の難易度は高くなるので、しっかりと勉強しましょう。

アロマテラピー検定は医療・福祉・美容関係の仕事に活かせる

アロマテラピー検定の難易度は低いと言えます。資格を取得すると、医療や福祉、美容関係の仕事に活かせるでしょう。実際、受験者の業種としては、やはり1番には、医療関連に勤めている人、2位は理美容やエステ関連に勤めておられる方、そして次に福祉関連に勤めておられる方が多いです。したがって、こういった職種の方はぜひ資格の取得をしてみるといいでしょう。

仕事をする上でのスキルアップを考えて受験する人もいる

アロマテラピー検定の受験の動機としては、アロマテラピーの知識を深めるために受験しているという方も多くいますが、上記のように仕事をしていてそのうえでさらにスキルアップしたいと考えている人も多くいます。もちろん、仕事には関係ないけれど、家族や知人とのコミュニケーションのためなどに受験される方も多いのが現状です。難易度を知って、資格に挑戦するといいでしょう。

難易度の低いアロマテラピー検定の資格は医療・福祉・美容関係の仕事に活かせる

アロマテラピー検定の難易度はけっして高くなりません。難易度の高い1級でも独学で取得する方も多くいます。医療・介護・美容関係に従事する方は、ぜひ取得すると良いでしょう。スキルアップにも役立ちます。もちろん、家庭でアロマを楽しみたい方にもおすすめの資格です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK