眠い理由は?月曜日に眠気が襲ってくる原因と対処法

2017年1月16日眠気

月曜日はなぜかいつも眠い

会社に行くために早起きをすることは、確かにつらいことですが、月曜日の朝は特にそれが強く感じられます。それは強い眠気のせいもあります。よりによってなぜか、月曜日の朝にだけ、眠いと感じるのには、いろいろな理由が考えられます。もちろん、月曜日だけでなくいつも眠いという人も原因は同じです。それを解消しない限り、毎週ごとに同じ気分を味わい続けることになります。

眠い理由は睡眠不足

眠いと感じるのは、もちろん睡眠が足りていないからです。月曜日に眠いのは、前日である日曜日の夜に充分な睡眠が取れていないのです。一日中寝ていたから大丈夫だとか、土曜日に代わりに寝たからなど、自分でしっかりと寝ていると感じていてもその質やタイミングが悪いと、寝不足状態になることがあるのです。

月曜日の朝眠い理由は日曜日にあり

月曜日の朝が眠いのは、「日曜日の夜に」質の良い睡眠が取れていないのが理由です。その前の土曜日にいくら睡眠不足を解消しても、日曜日の夜に充分睡眠が取れなければ意味がありません。また、長くだらだらと寝ていても、浅い眠りで結局疲れが取り切れず、眠いままの理由になります。また、昼間にだらだら寝ることが夜の睡眠を妨害していることも考えられます。

日曜日の昼に眠るのは逆効果

日曜日はその夜の睡眠のために多少のスケジュールの調整をおすすめします。夜眠れないのは、昼間に必要以上の睡眠をとってしまうからです。体は疲れないし、気分的にも寝飽きているので、つい遅くまで起きていたい気分になります。日曜日はベッドが恋しくても、早起きをして体を動かしましょう。否応なく夜は来ます。その時こそ、たっぷりと睡眠を楽しむ時です。

眠いときは短時間で良質な睡眠を取る!

月曜日に眠くなってしまう原因は日曜日の夜に、そして普段から眠いのは前日の夜にあります。月曜日に眠い人だけでなく、いつも眠気を抱えて過ごしている人も、夜の睡眠のとり方を見直してみましょう。短時間でも深い眠りは体を癒します。ドライバーが運転中に眠気を感じた時に、短時間の眠りで回復することと同じです。眠いと感じた時の眠りは深く良質です。

ある程度の疲労が熟睡には必要

良質な眠りのためには、眠気を上手く生かさなくてはいけません。つまり日曜日には眠くなるように適度に体を疲れされ、また、ベッドからは離れて過ごして睡眠への欲望を高めます。そして眠くなったタイミングでベッドに入るようにします。眠くない時にベッドにいると退屈で、悪いことや暗いことを考え始めます。そうならないためにも、ベッドに入ったらすぐに眠りにつくようなタイミングは大切なのです。

月曜日に眠い理由!日曜日の過ごし方と眠りの質にあり

日曜日にいくら寝ても、月曜日の朝は眠いという人は、眠りの質に理由があるかもしれません。睡眠はただ単に長く取ればいいというものではありません。深い眠りは体と頭を元気にします。より深く良い眠りのために生活習慣を見直して、心地よい眠りを手に入れましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK