月曜日は疲れるもの?日曜日の過ごし方と仕事に備える術

リフレッシュ術, 休日

月曜日は疲れるもの?

月曜日は朝から心なしか、倦怠感を感じたり、朝だるくなったりするものです。さらに会社へ行って一日の仕事を終えると、いつもよりも疲れるような気がしますよね。疲れるのは、もちろん月曜日だけではありませんが、特別に疲れるようになりやすいといえるでしょう。

どんな休日を過ごしたか

その前日の日曜日をどのように過ごしたかで月曜日が変わるのであれば、日曜日の生活を見直すことで改善出来るかもしれません。日曜日にのんびりと過ごして体をなまらせてしまったか、または忙しく動きすぎていたか、極端なこの二つの過ごし方が、月曜日に影響を及ぼすのです。

日曜日の疲れのバランス

日曜日の過ごし方によって、月曜日の体調がすぐれなかったり、すぐ疲れるらしいことは分かりました。しかし、のんびりしても忙しくしても疲れるきっかけになるのでは、どうしたら良いのでしょうか。実はそれを克服するには、ちょうど良い疲れと休息のバランスを取ることが良いのです。疲れ過ぎてもだらけすぎてもダメなのです。日曜日の夜にぐっすりと寝るためには、多少の疲労感も必要ですし、反対にそれが次の日の朝まで残るようでは困ります。

日曜日の疲れを月曜日に活かす

月曜日の朝にすっきりと体調を整えて起きるためには、日曜日の疲れを上手く活かして、心地よい睡眠に変えてやることが大切です。人は疲れすぎていたり、興奮していたりしても心地よい眠りは得られません。適度な運動をすることが大事になりますが、夜体を動かしたり、激しく遊んだりすると体が眠る準備を整えられません。運動は日中だけにして、日曜の夜には穏やかに過ごすことも必要です。

疲れる月曜日は休息を

それでも月曜がつらい、すぐ疲れるという場合もあります。気分的なものかもしれませんし、日曜日の疲れが癒されきっていないのかもしれません。いずれにせよ、今週は始まったばかりです。週の初めの月曜日から疲れきっていてはまずいので、明日への余力を残すためにも、疲れるようなら早めに休息を取るようにしましょう。

疲れる月曜日はしっかりと休んで平日を乗り切る

月曜日の仕事は早めに切り上げて、仕事帰りにちょっと楽しいことをしたり、早く家に帰ってくつろぎましょう。平日を乗り切るためには、気合や根性も必要かもしれませんが、月曜日だけはしっかりと休んで、週の途中で息切れしないように体をいたわることが大切です。

疲れる月曜日を快適にするには日曜日にバランスのいい過ごし方を

月曜日に疲れると、一週間の仕事を考えて憂鬱になりそうです。月曜日こそ快適に過ごして、これから週末までの数日を元気に乗り切るきっかけにしたいものです。そのためには、日曜日の過ごし方を調整してすっきりと目覚めたり、月曜日は疲れるほど頑張り過ぎないようにすると良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス