仕事で目標設定を決める際の例と方法

目標

目標設定は仕事に必須!「作業の明確化」

Lgf01a201501142000

仕事を始める際に目標設定を立てておくと、作業の内容がが明確になり、具体的な行動がしやすくなります。まずはゴールとなる一番大きな目標設定をしましょう。そこから、大枠、中枠、小枠といった順番で、順々に詳細な計画へ落とし込んでいくのがっ目標設定のコツです。

仕事の目標設定は「具体的」と「実現可能」な状態に!

仕事の目標設定は、「一日のスケジュール」を立てるところの目標までいければ、いちおう目標設定を立てる作業は終了です。大きな目標しかないと、具体的にそこにたどり着けないまま終わってしまう可能性もあります。また、計画を数値化することによって、よりわかりやすくなり、毎日どのくらい作業を行えばよいのかがわかってきます。

「他人の例」を参考に仕事の目標設定を立てる

目標設定の立て方がわからない場合は、書籍やネット、知人など他の人の目標設定を例に取り、それらを参考にしてみるのも良いと思います。

どんなことでも最初は誰もが初心者です。わからないことだらけの中で、自分の仕事の道を作り上げて行く作業は、大変な部分も多くあります。特に社会人1年目で、仕事も初めてと言う人は、いろいろなことがわからなくて、難題にぶつかる事も多いかもしれません。

仕事の目標設定に困ったら「原点に戻る」

しかし、自分なりの仕事の目標設定を決めておけば、困った時は原点に戻ってそこから新たに解決方法を探っていくアクションが必要です。職場の先輩や、人生の先輩、または友人などに相談して、いろいろな例を聞いて仕事の目標設定の参考にするのも良いでしょう。

時間に余裕ある仕事の目標設定を立てる

目標設定はあくまでも目標なので、その通りに行かなくても、落ち込む必要はありません。未来は予測できないことも起こります。仕事の目標設定を行う時は、日にちや時間、目標数字などにある程度、ゆとりを持たせておく方が上手く行きます。その方が突発的な事態にも対応しやすくなります。

期間を決めて仕事の目標設定する

近い目標設定としては、「1年」「1カ月」「1週間」「1日」と言う風に、区切りを決めてそれぞれ目標設定を行うとわかりやすくなります。また、時々目標設定の見直しを行うことが大切です。目標を一つに絞れない時は、いくつか例を挙げてどれでも対応できるようにしておくのも良い方法です。

具体的な例を参考に無理のない仕事の目標を立てる

仕事の目標設定も具体例を考えて無理のないスケジュールで決めたいものですが、あまり緩すぎるのも良くなく、少しタイトかなと言うくらいが、頑張り甲斐があります。しかし、体調が悪い時や、いろいろな用事で時間に余裕のない時は、その都度フレキシブルに対応できるようにしておきたいものです。その方が精神的にも余裕ができ、物事が上手く進んでいくと思います。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月13日ビジネス