同業他社への転職理由と志望動機を考える際のポイント4つ

同業他社

同業他社への転職理由とは?

Gf01a201502191800

転職は人生の一大イベントです。転職理由は人それぞれありますが、スキルアップや年収アップにつなげたいと考えた場合、同業他社への転職を目指すことになります。

その場合、なぜ同業他社を選んだのかという転職理由と、明確に答えられる志望動機が必要です。まずは、一般的な転職理由から、同業他社を目指す際に重視される理由を紹介します。

転職理由①:会社の将来性への不安

独自調べによる一般的な転職理由の上位である、「会社の将来性が不安」は、同業他社への転職理由として大きな比重を占めます。会社の経営面など、将来性に不安がある場合は、スキルや経験をそのまま活かせる同業他社への転職を考えやすいためです。

転職理由②:給与への不満

Money 1428594 1920

同じく、一般的な転職理由の上位である「給与への不満」も、同業他社への転職時に多い理由です。自分の活躍やスキルに対し、支払われる給与が低いと感じた場合は、同業他社への転職を考える大きな判断材料になります。転職を成功させればキャリアアップも目指せます。

転職理由③:スキルアップや経験を積みたい

一般的な転職理由の中から「専門知識・技術を習得したい」、「幅広い経験・知識を積みたい」という関連する2つの理由も当てはまります。業界内でも高いシェアや技術力を持つ同業他社へ転職し、更なるスキルアップを積むためです。

転職で同業他社に入るための志望動機①:企業の特徴を把握

Job interview 437026 960 720

同業他社への転職を目指す場合に重要になってくるのが志望動機と転職理由です。

まず初めに、面接を受ける同業他社の特徴と業務内容の違いを把握し、志望動機に組み込んでいつでも答えられるように準備しておく必要があります。

サービスと製品を提供する相手を確認する

同じ分野の製品やサービスを提供している会社でも、企業ごとに特徴や得意分野は違うものです。ここで押さえておきたいポイントを紹介します。

1つ目は、「サービスと製品を提供する相手」が誰かを知ることです。年齢や性別、職業と多くの要素で差が出る場合が多く、自身が就職した際にどのようにその会社の顧客にアプローチしていくかという事前勉強にもなります。

地域性も含めて確認する

Bag 1609281 1920

おさえておきたいポイントの2つ目は、「サービスや製品を提供する地域」の確認です。国内であればどの地域か、海外展開をしている場合は、国籍や国の文化など、企業の情報から読み取れる要素を理解しておくと、面接の際に有利に働くでしょう。

志望先の企業の優れた点を洗い出す

同業他社と志望先の企業を上記で説明した2点で比べ、同業他社より優れているポイントを志望動機にします。これにより、面接官に対して企業だけでなく、業界自体をよく知っているという評価を与えられます。特に転職活動中の面接では同業他社への応募が多くなるため、非常に効果的です。

転職で同業他社に入るための志望動機②:企業の苦手を理解

Light 828547 960 720

次のポイントは、同業他社と比べて、面接企業の苦手な点をしっかりと学習しておき、自分の入社後にどのように改善できるかを説明するものです。企業が得意とする部分だけでなく、苦手な点も志望動機に含めるには、批判ともとられかねません。

しかし、同業他社と比較した場合にその企業が苦手としている部分を的確に見抜き、その対策として自身がどうしていくかを志望動機で述べることも大切です。

不得意分野への自己分析は評価に繋がる場合も

面接官は会社に足りない部分や、同業他社と比べ自社が劣っている部分の補完を目的として人員を採用しています。そのため、会社の不得意な分野を自分なりに分析・理解し、転職時の面接で志望動機に盛り込んで話ができると、面接官からも良い期待を抱かれて評価されやすい場合があります。

批判しすぎないように注意!

転職先の企業に対する分析は大切ですが、あまりに批判しすぎても常識が無いと捉えられかねません。面接では低姿勢を貫きながら、ポイントを絞って不得意分野の考察を行いましょう。熱意のある志望動機として、面接官の心を動かせるかもしれません。

転職で同業他社に入るための志望動機③:社歴や沿革を理解

Notes 514998 640

3つ目のポイントは、社歴や沿革をしっかりとふまえた志望動機の作成です。

企業の歴史はオリジナリティを出せる要素であり同業他社と比べられません。そのため、転職を目指す企業の特徴がもっとも表現される部分です。どういった社歴をたどったのか、どこが業績を伸ばすポイントだったのか、何が発祥なのか、特徴をしっかりと把握できます。

沿革や企業理念は志望動機にオリジナリティを出しやすい

沿革や企業理念も志望動機に盛り込みやすい要素です。企業のHPには大抵記載されているため、簡単に調べられます。ものづくりによる社会貢献など、同業他社と差別化できる要素を見つけやすい点も魅力的です。

また、この部分は転職活動中の多くの人が意外に見落としやすい部分でもあるので、この点を転職時の面接の際に述べるのは他の人とも差をつけやすいだけでなく、非常にオリジナリティのある志望動機を述べることができるポイントです。

面接官にも好印象を与えられる

面接官にとっても、自分の会社の歴史をしっかりと学んでくれる人には良い印象を抱きやすく、これから会社の成長を一緒に考えてくれる仲間として好意的に思われるでしょう。

ただ、「企業理念に感動しました!」の一点張りでは志望動機になりませんので、注意してください。

転職で同業他社に入るための志望動機④:スキルのアピール

Woman 690036 1280

最後のポイントは、自分のスキルや経験を志望動機に盛り込み、しっかりとアピールすることです。転職者には即戦力としての活躍が求められるため、自分の入社後の展望を考えて、面接官に伝えられるようにしておきましょう。

即戦力としての能力をアピールしよう

同業他社への転職の場合は、より求められるスキルと経験が重要視されます。入社してすぐに戦力として活躍できる人材が求められているため、自分が手掛けた案件の内容などをきちんと説明できるようにしておきましょう。それらを踏まえた志望動機が、同業他社への転職で失敗しないコツです。

志望動機を述べる際は情報漏えいしないよう厳重注意

ここまで同業他社へ転職するための志望動機のコツを見てきましたが、1つ注意してほしいところがあります。

それは前職での職務内容などを話す時、それが機密情報の漏えいにならないかどうかを考慮しながら答える必要がある、という点です。同業他社ですから、ライバルの戦略などを知られるのは、企業の将来を左右してしまう可能性があることを念頭に置いておきましょう。情報漏えいをしてしまうと、訴えられかねませんのでしっかり意識しておかなければなりません。

同業他社への転職理由は給与面など様々!志望動機は4つのコツが大事で情報漏えいには要注意

同業他社への転職理由と志望動機を考える際のポイント4つについて見てきました。いかがでしたか?同業他社へ転職を目指す場合はしっかりとした転職理由の説明と、明確な志望動機が必要です。重要な4点のポイントを活かし、上手く組み合わせて志望動機に組み込みましょう。こういったポイントを押さえ、転職時の同業他社への志望動機をアピールしてみてください。その際、情報漏えいにならないよう厳重に注意しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職