チャンスをつかむ人になるための行動と仕事の習慣

2016年11月29日習慣, 行動

チャンスをつかむ人になるための行動

Doubt 623847 640

チャンスをつかむ人になるには、まずはそういう人になるための行動を起こす必要があります。

仕事でもプライベートでも、チャンスをつかむ人は常に心がけている行動があり、それは些細なことでもくだらないことでも、無駄な労力を惜しまずに行動できるか、です。

これは、チャンスをつかむ人になるための第一歩といえます。

チャンスをつかむためにはつまならい作業を本気でやる

チャンスをつかむ人になるためには、まずは「つまらない作業を本気でやる」ようにしましょう。

特に仕事においては、中途半端な気持ちで取り組んだものは周囲にも伝わります。反対に、手を抜かなかった努力も周囲の人間に伝わり、実を結ぶのです。

一度気付かれなくても諦めてはいけません。長い目でみなければ努力は実を結びません。

仕事の手を抜いてしまえば、自分の首を絞めるだけです。つまらない作業でも本気で繰り返していると、いつか誰かが気付きます。何度も何度も同じ作業をしているからこそ、気付けるともいえるのです。

何事にも手を抜かずに真剣に取り組めるのは、チャンスをつかむ人の特徴です。

つまならい作業の繰り返しこそチャンスへの最短距離

つまらない作業の繰り返しは、実は 「夢」や「チャンス」 への近道である場合が多いのです。

何事も、基礎練習は憧れへの最短距離を助けてくれるツールです。どんなつまらない作業でも、それで一番になれば「日本一の仕事」になります。

下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみるのです。そうすれば、誰も下足番にしておくはずがありません。チャンスをつかむ人になるには「つまらない仕事を一流にこなす」のが近道であると考えて行動しましょう。

仕事でチャンスをつかむ人になるため身に付けたい習慣

では次に、仕事でチャンスをつかむ人になるために身に付けたい習慣について見ていきましょう。

仕事でチャンスをつかむ人の多くは、特徴的な習慣を身に付けています。とはいっても、何も難しいものではありません。

一つ一つの行動を常に意識付けて、それを忘れないように実行しているだけです。

それでは、その特徴的な習慣をご紹介します。

Gf01a201502210800

習慣①あえて手が届きそうにない目標を持つ

チャンスをつかむ人になるために、まずは「あえて手が届きそうにない目標」を持つ習慣を身に付けましょう。

自己啓発の本を読むと、「目標は紙に書き出せ」と書かれてていませんか?その行動はつまり、あなたが本当に望んでいる願望を自己認識する目的であり、取るべき行動を取りやすくするためのツールです。

要は、あなたにとって何が大事で、どんな行動を取ればいいのか、それが明確になるのです。

目標を掲げることで、その目標に繋がりそうな出来事や人脈、モノやサービスといったものに敏感になりますが、目標が明確になっていない場合は、様々なモノを素通りしてしまいます。つまり「チャンスを逃してしまう」のです。

習慣②必ず数値目標を立て周囲に宣言する

必ず数値目標を立て周囲に宣言する=目標をより明確化にする、という意味です。

例えば、ただ単に「独立する」というのと「1年以内に独立する」というのでは取るべき行動や、しなければいけな行動が変わってきます。

また、周囲に宣言して自分を追い込む効果がありますので、「何としてもチャンスをつかむ」という意識にも繋がってくるのです。

習慣③「ムリ」「できない」は使わないようにする

有名な漫画の中に出てくるセリフで 「諦めたらそこで試合終了だよ」 というワードがありますが、つまり、自分が無理だと思った瞬間にそこですべてが終わるのです。

仕事を最後まであきらめずに、絶対にチャンスをつかもうとする姿勢。その姿勢をもつ習慣も、チャンスをつかむ人になるための大事な行動です。

そうしておけば、チャンスを逃すまいと感覚も研ぎ澄まされていくはずです。

習慣④「やらない後悔」より「やって後悔する」

チャンスをつかむ人になるための習慣の最後としては、「やらない後悔」より「やって後悔する」方を選ぶようにしましょう。

理由は単純明快で、チャンスは自分でつかまなければ意味がありません。リスクや失敗を恐れて躊躇していては、いつまでたってもチャンスをつかめません。

また、まっていても転がり込んでくるチャンスもわずかしかありません。

そのためにも「やって後悔する」という習慣をつけておく必要があるのです。

仕事でチャンスをつかむ人は大きな目標を立て「やって後悔」する行動を取る!

今回は、チャンスをつかむ人になるための行動と仕事の習慣について見てきました。

チャンスをつかむ人になるためには、くだらない作業でも本気で取り組んで、その分野で一番になるのがチャンスをつかむ最短の道です。

そして、より良いチャンスをつかむためにも、いくつかのことを習慣づけて実行しましょう。

チャンスはあくまでも「つかむ」ものであり、寄ってきたチャンスと「拾う」のではありません。仕事でチャンスをつかみたいのであれば、大きな目標を立て、それに向けて「やって後悔する」行動を選んで実行するのが大事です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK