仕事の効率を上げよう!効果的な休憩時間にするためのコツ

休憩, 効率

効果的な休憩時間にするコツ①:適切なタイミングで取る

Tikutaku

仕事中に少しも休憩時間を取ることなく作業していれば、必ず集中力は弱まり、非効率的な結果を導くことになるでしょう。

私たちは必ず休憩時間をとって、仕事の効率を上げる必要があります。それでは仕事の効率を上げるには、休憩時間にするコツには何があるのでしょうか?

90分を目安に休憩する

人は3時間も4時間も集中して仕事をすることはできません。無理やり机の前にいるよりも、サッと休憩時間を取り再び仕事に取り掛かるほうが結果として成果が出やすいものです。

休憩時間を取るタイミングは、90分位が目安だと言われています。仕事の効率を上げるには90分経ったところでいったん休憩を取りましょう。

仕事の効率が下がる14:55辺りでは5分休憩を取る

健康サイト「Top Sante」によると、仕事の効率が下がる時間帯は14時55分というデータがあります。

この時どのような休憩時間を取るか織込んだ計画を立てると良いでしょう。5分休憩など短い休憩を取ることをお勧めします。

仕事の区切りが中途半端なタイミングでの休憩がおすすめ

仕事の切りの良いところで休憩に行くケースがほとんどかと思いますが、あえて中途半端なところで休憩時間をとる方法もあります。こうすることで、頭の片隅に「仕事をやらねば」という意識を持たせ、短時間の休憩時間で済ませる訳です。

効果的な休憩時間にするコツ②:お茶を飲む

Valentines day 624440 640

休憩時間を取る時、仕事の効率を上げる為に私たちがすると良い事としてお茶を飲むことが挙げられます。仕事中はコーヒーを飲む人が多いかもしれませんが、休憩時間に取る飲み物はお茶がおすすめです。

お茶に含まれるテアニンが脳をリラックスさせる

仕事でよく飲まれる方も多いコーヒーに含まれるカフェインは、眠気覚ましに良いと言われます。一方、お茶に含まれているテアニンという成分は、脳をリラックスさせるα派を発生させます。

休憩時間はお茶を飲んで脳を休ませてあげるのが、仕事の効率を上げる為にも効果的だといえるでしょう。

効果的な休憩時間にするコツ③:日光浴をする

仕事の効率を上げる為の休憩時間にすると良い事はまだあります。それは日光浴です。休憩時間は外に出て太陽の日光を浴びるようにすると、仕事の効率を上げるのに繋がるでしょう。

Ppp hinatabokkodedameneko thumb 815xauto 12914

太陽光は脳内のセロトニンの分泌を促してストレス解消になる

勿論、太陽光を浴びるのが効果的なのには理由があります。太陽光は脳内のセロトニンの分泌を促すので、ストレスを解消する効果があるのです。

特に、日ごろ屋内で仕事する事が多い職業の方には、外に出て日光浴をするというのは、気分的にも爽やかになるに違いありません。ストレス解消の為にも休憩時間は日光浴を取り入れましょう。

休憩時間は適切なタイミングで取ってお茶や日光浴をして仕事の効率を上げよう

仕事の効率を上げる、効果的な休憩時間にするコツについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

仕事効率を上げる休憩時間にする為には、90分毎に仕事の区切りが中途半端なタイミングで取ると良いとのことでした。また、14:55辺りは仕事の効率が下がる時間なので、意識的に休憩時間をとるのがおすすめです。

また、休憩時間には、α波効果のあるお茶を飲んでリラックスしたり、ストレス解消効果のある日光浴をしたりすると良いです。これらのコツを参考にして、仕事の効率をあげましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス