【気になる周りの目】休職したら職場にどう思われるかを知っておいて対処しよう

休職

休職すると職場でいじめられるかも?周りの目を気にしない!

どのような仕事をしているか、どのような雰囲気の職場なのか、によって周りの目は様々です。しかし、どのような職場であっても、その職場の人たちは人の数だけ別々のことを考えています。あなたがいないことで業務が滞って、迷惑掛けられた、と怒っている人もいるでしょうし、使えない部下だとため息をつく管理職もいるかもしれません。しかし大切なのは、職場での周りの目を気にせず仕事に邁進したり、潤滑なコミュニケーションを取るよう心がけたりすることです。

職場の人がどう思うかはあなたの仕事次第!

休職するにはそれなりの理由があるはずですから、その理由が早く解消することを願っている人もいるはずです。またあなたが辛い気持ちでいることを気に掛けてくれている人もいるはずです。あなたがいなくなって寂しい気持ちの方もいるのではないでしょうか。以下は同僚が休職した際の周りの目としての意見です。

あなたが普段から、職場でどのような勤務態度を見せていたかによって、周りの目は変化するのです。ネガティブな意見を持つ前に、職場で必要とされる人間になりましょう。

休職するより退職したほうが楽?

自分の病気、家族の病気の介護など等、理由は様々ですが、働けなくなる状況というのは誰にでも起こりえます。会社に休職制度があればぜひ利用したいもの。しかし、休職を申請する際や、休職している間、あるいは休職から復職したときなどに、職場のみんなからどう思われているのか、周りの目が気になりますよね。

必要な時は勇気をもって!今後の休職が必要な後輩のために

周りの目を気にするあまり、いっそのこと会社を辞めてしまった方がいいのではないかと思うこともあると思います。しかしその前に、今後休職が必要となる後輩のことを考えてみましょう。前例をあなたが作っておくことで、休職というものが取りやすくなるかもしれません。うつや大けがなど、休職せざるを得ない状況というのは存在します。その際にしっかりと療養できるよう、周りの目に怯えて退職に甘んじることなく、休職という選択をしましょう。

会社はあなたを必要としているはず

休職しているあなたに対して、一つだけはっきりとしているのは会社はあなたを必要としてくれているはずということです。会社が休職を認めているのは、あなたに復帰してもらいたいからです。そうでなければ退職ではなく、休職扱いで会社に在籍してもらう理由がありません。

その意見に応えるために休職から早めに復職を!

あなたができることは、復帰することです。そして復帰した職場で活躍して、あの時あなたが会社を退職しなくて良かったと思ってもらうことしかありません。そのためにも、休職から早めに復職できるようがんばるべきです。また、職場での頑張りさえ認められれば、周りの目は簡単に変わります。時間が解決してくれるでしょう。

休職は周りの目よりも仕事に集中!職場での仕事を頑張ろう

休職中は周りの目が、職場の人たちにどう思われているのか気になるものです。しかし、周りの目なんていろいろです。その中で一つだけはっきりしているのは、会社はあなたに早く休職から復帰して、活躍してもらいたい、ということなのです。それを理解して、辛い休職期間を乗り切りましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日転職