【戻りたくない!】休職から復職したくないとき押さえておくべき3つのポイント

休職, 復職

① 休職から戻りたくない原因を明確にしよう

11a7ef3500539cd275d5e10e7c039042 m

休職から戻りたくないと考える理由は人それぞれですが、必ずそれらには原因があります。例えば、仕事を押し付けられたり、サービス残業を強いられるのであれば、それを命じる上司に原因があります。休職から戻りたくないと考えているのに、ネガティブな気持ちのまま復職してしまうと、仕事に身が入らずに、いつまで経っても評価が上がらなくなる可能性があります

自ら行動しよう!労働環境の改善を役所に求める

あまりにも度が過ぎた労働を強いられている場合は、会社や労働基準監督署に訴え掛けることで、改善される可能性があります。仕事をしなければ生活できないので、いつまででも仕事に戻りたくないと考えておらずに、自ら行動して戻りたくない状況を改善させることが大切です。

② 人間関係を理由に休職して戻りたくない場合

人間関係の悪化によって、うつ病を発症して休職した場合には、また同じ部署に配属されることで、更に症状が悪化する可能性があります。そのような状況が改善されていないようでは、戻りたくないと考えるのも当然です。人間関係悪化の原因を突き止めて、その原因が一人の社員の言動や行動である場合には、それを会社に訴えかけて改善してもらいましょう。

上司や同僚を味方に付けよう

自ら行動して改善させるにも、多少の味方が必要です。親身になって話しを聞いてくれる上司や、一人でも親切な同僚がいるだけで、改善の可能性が高まります。特に、上司が味方に付いてくれるのであれば、状況の改善ができなくても他の部署に異動させてもらえる場合があります。

③ 戻りたくない場合は休職中の転職も視野に入れよう

上司も同僚も話しを聞いてくれず、会社や労働基準監督署に訴えかけて動いてもらうことに対して勇気が湧かない場合には、思い切って転職を考えることも大切です。時間をかけて状況を改善させるよりも、違う会社に転職して安定した環境で働く方が成果を挙げられます。

転職について上司に必ず相談しよう

休職中の転職を視野に入れている場合には、必ず上司に相談しましょう。伝えることで、復職後のサポートをしっかりしてもらえる可能性があります。休職から戻りたくないと考えていても、相談することで何らかの解決への道が見つかる場合があります。仕事に戻ってからのことに関して、ネガティブな考えを持たずに、まずは行動することが大切です。

戻りたくないとネガティブにならず休職中に行動しよう

休職から戻りたくないと考え始めると、ネガティブな考えによって落ち込んでしまって、復職できずに退職することになる場合があります。状況の改善は、放置していても誰もしてくれないので、自ら改善に向けて行動することが大切です。一人で解決できない問題なので、必ず上司や親切な同僚に相談しましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日転職