【手紙で気持ちを伝える!】休職している人への上手なお見舞いの仕方

お見舞い, 休職

休職中は、とても不安なもの

どうしても、ケガや、病気などで、休職をやむなくする社員は、とても不安に思っているものです。仕事に行かないといけない、という思いと、行けないという現実が、とても苦しめているのです。そのようなときは、とてもデリケートなのです。ですから、お見舞いの際は言葉選びなどにも配慮しなければいけません。

休職中の人に必要な書類などを知らせる手紙を送るとき

会社で休職している社員は、全く仕事で面識がないかもしれませんが短くてもお見舞いの手紙を添えて、会社の書類を送ると、求職者も心が温まるものです。ですから、事務的な内容の手紙に加えて、挨拶文程度のお見舞いの手紙で良いので書いてみましょう。

お見舞いの手紙には復帰を待っている文章を入れる

休職していると、会社から必要がないと思われていると感じている場合もあるので、お見舞いの手紙には復帰を待っているように思わせるような一文を入れてあげるればで、とても心が和らぎます。ですから、少しでも、心の不安を取り除いてあげるような内容をお見舞いの手紙を入れてみましょう。

お見舞いの手紙は復帰後もずっと感謝される

社交辞令でも、お見舞いの手紙を添えて送った後に、休職していた社員が復帰してきたらうれしいものです。そして、休職していた社員からも、もちろん感謝されます。誰でも自分が弱っている時に人の本音を感じるものです。ですから、少しでも弱っている方には優しくするのが大切なのです。

実際にお見舞いに行ってみるのもよい

同僚など普段仕事で付き合いがある人で、ケガなどの理由で休職している社員がいるなら、お見舞いに行ってみるのも良いでしょう。もしも入院などするような場合には、是非とも病院には行ってあげましょう。親しい知人に、来てもらえたら、頑張って早く元気になろうと思うものです。ですから、個人的で良いので、時間が許せばお見舞いに行ってみましょう。

早く良くなってほしいという気持ちを持つ

休職している人は、休職したくてしているのではありません。ですから、同じ会社の仲間としての意識を持って、早く良くなってほしいと願いましょう。そう思えばお見舞いは、自然と出来るものです。

休職中はお見舞いのお手紙や実際に足を運んで復帰を願っている気持ちあらわそう

休職中で、仕事を休んでいる人は、誰でもやむを得ずに休んでいるのです。ですから、早く同じ仲間として、復帰してほしい、という気持ちを持ちましょう。自分一人だけでも、そのような気持ちを持つと自然とお見舞いが出来るのです。メールを送ってもよいし、お見舞いの手紙を添えて、会社からの手紙を送るのもお見舞いです。気持ち一つで、誰でも思いやりをもったお見舞いが出来るのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス