休職中に会社から電話!「怖い」と感じる場合の対処法

休職, 電話

怖いと思っても電話の拒否は避けよう

Friends 800761 640

うつ病の原因が会社の上司から受けたパワハラであるなど、会社が関係している休職の場合には、電話で同僚や上司と話すことを怖いと感じるケースがあります。

しかし、緊急事態であったり、電話で無ければ伝わりにくい内容を伝える為に電話をしてくる可能性があるため、無闇やたらと電話を拒否するのは避けましょう。

休職中も会社側の事情を考えよう

うつ病によって休職した場合は、復職してもすぐに通常の業務に戻れなかったり、復職せずに退職してしまうケースがあります。会社としては、月に一度は現在の状況を把握する為に、休職者に電話をしなければなりません。

休職者は、会社の事情も考慮して、月に一度程度の電話であれば怖い気持ちを抑えて出るように頑張ってみてください。

電話は怖いと伝え、できるだけメールで連絡をしてもらおう

電話で話すのが怖いと感じる場合は、正直に伝えてメールで連絡をとるようにしましょう。実際に言葉を交わす方が、心身の状態を把握できるため電話での連絡が望ましいですが、病状の悪化に繋がるのであれば、メールで連絡してもらいましょう。

メールであれば、心身共に安定しているタイミングで返信できます。

休職中の連絡回数が増えるのを覚悟しよう

会社としても、うつ病で休職している人物に頻繁に電話で連絡を取ると、うつ病の悪化に繋がるのではと懸念しているかもしれません。

その場合は、メールで連絡を取るようになりますが、メールであれば負担がかかりにくいため、頻繁にメールが送られてくる可能性があります。

電話を怖いと感じてしまうよりは良いと考えて、頻繁にメールが送られてくる事を覚悟しましょう。

電話を拒否すれば会社の評価に影響するので、出来るだけ電話で

休職中は、会社に迷惑をかけていることになるので、頑なに電話での連絡を拒否してしまうと、社会人としての常識を疑われる可能性があります。

電話を怖いと感じることが仕方ないとしても、避けられないと考えてできるだけ電話で連絡を取りましょう。会社の評価に影響を及ぼす可能性があります。

Gf01a201502010700

電話を避け続けると復職後の仕事のしやすさに影響する

休職中の電話を避け続けると、復職後の仕事のしやすさに影響を及ぼす可能性があります。休職は、療養して仕事に復帰する為に取得するので、復職後についても考えて行動すべきです。

電話を怖いと感じてしまい、メールでの連絡にしてもらうにしても、月に一度は電話での連絡を受けるなど譲歩は必要です。

休職期間中の連絡が怖いと感じてもリハビリと考えて電話を受けよう

うつ病が原因で休職した場合には、会社からの電話を怖いと感じてしまうのは仕方の無いと言えます。しかし、その怖いという気持ちから逃げ続けても、休職期間中に完治させることができないので、復職に向けてのリハビリと考えて、できるだけ電話を受けるようにしましょう。

休職期間中の一つの目標として電話を受けると、ある程度ポジティブな気持ちで受けられる場合があります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス