土日だけ?それとも平日だけ?アルバイトをする際のシフト

2017年1月16日アルバイト

土日だけでアルバイト

平日は、授業やサークルで忙しいから、アルバイトは土日だけ、という人もいるでしょう。こういった人は、週に2回のアルバイトになります。回数が限られる分、がっつり稼ぎたい、という人も多いでしょう。

土日だけでがっつり稼ぐアルバイト

土日だけで稼ぐアルバイトとしては、日雇いのような、短期でがっつり稼ぐアルバイトもあります。これは引っ越し等のアルバイトなどになります。また、長期的に、毎週土日のシフトで入る飲食のアルバイトなどで、しっかりと稼いでいる人もいます。どちらも、土日限定で、終日入って、しっかりと時給や日給をゲットしている人が多いようです。

平日だけのアルバイト

また、土日はむしろ忙しいので、平日だけアルバイト、という人もいるでしょう。平日だと、終日というわけにはいきません。なので、3~4時間程度のアルバイトを、何日か入れている、という人が多いようです。

土日のほうがアルバイトの募集は多い

ただ、平日だけのアルバイトよりも、土日のほうが、アルバイトが見つけやすい、という実態はあるようです。たしかに、お客さんが多くて、人手が必要となるのは、やはり土日なのでしょう。なので、平日限定でアルバイトをするよりも、1日は土日もシフトを入れる、という人も、結構いるようです。実際、そのほうが、採用もされやすく、平日のアルバイトをゲットしやすいといえるでしょう。

大学生のアルバイトは週にどれくらい?

アルバイトをするとなると、学生、大学生が多くなります。大学生であれば、授業も日によって違いますので、平日、土日あわせてアルバイトをしているという人も多いはずです。こういった大学生は、だいたい週にどれくらい、アルバイトをしているのでしょうか。お金が必要で必要な金額にあわせてアルバイトする学生もいるでしょうが、そうでないのなら、周りがどれくらいアルバイトをしているのか気になるところですよね。

大学生のアルバイト、平均は週に2~3日

大学や、地方によってもばらつきはありますが、一般的な大学生の平均として、アルバイトをする回数は、週に2~3回というのが平均のようです。この2~3日が、平日か、それとも週末か、というのが、ポイントになってきます。基本的に大学の授業などは平日に行われますので、平日にアルバイトをするか、土日にアルバイトをするかで、生活スタイルも変わってくるといえます。

平日だけのシフトだとアルバイトは見つけにくい!土日も1日入れれば見つかりやすい

先ほどの一般的な平均からも考えると、もし週に3回以上アルバイトをするとなると、どうしても平日のシフトも必要となってきます。それが難しければ、土日の終日をアルバイトに捧げてがっつり一週間分稼ぐ、という考え方もあるでしょう。どういった大学生活を送りたいか、それを考えたうえで、しっかりとシフトを考えることをおすすめします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK