入社二年目の妊娠!仕事への影響とタイミング

妊娠

入社二年目の妊娠はタイミング的にベストなのか?

Pregnant 244662 640

子どもを授かるのはとても素晴らしいことです。しかし同時に大変なことでもあります。特に、仕事をしながら、会社勤めをしながらの妊娠、出産、そして育児というのは、いろいろな苦労もあります。入社二年目での妊娠は仕事を覚えて慣れてきた頃ですので、周りの視線が気になりますが…。果たして入社二年目の妊娠はベストと言えるのでしょうか?

入社二年目での妊娠はまだ早い

周りの意見は厳しく、入社二年目での妊娠も早いと思われる場合が多いようです。入社二年目は、新卒が入ってきて先輩にはなりますが、上司からすると「入社二年目のくせに」と思われてしまうようです。

じゃあ何年がタイミング的にベストなの!?と思ってしまいますが、それは会社や人間関係によって変わってきます。

入社何年目であっても仕事との両立は大変!

まずは、妊娠が分かって、妊婦の時期というのがあります。だいたい3ヶ月ごろに妊娠が発覚して、産休をとれる場合でも9ヶ月目頃まで働くようになるでしょう。そうなると、妊婦として出勤する期間が半年以上あるようになるわけです。こういった時期はつわりがあり、体調的にもきつく休みがちになってしまうことのあります。また、仕事的にも周りの人に迷惑をかける事が多いでしょう。

入社二年目での妊娠期間は大変

こういったことを考えると、入社二年目で妊娠して仕事をするというのは、なかなか大変です。やっと新入社員ではなくなり、仕事にも慣れてきたという社会人にとって大切な時期なのです。体調不良で休むにも、入社二年目では有給休暇が取得しづらいという会社が多いのが現実です。

また、休んでいる間の仕事を先輩にお願いするというのも、なかなか難しいものとなってきます。入社二年目のタイミングでの妊娠は、まだいくらか早いようにも思えます。

入社二年目の産休・育休について

入社二年目での妊娠は、産休が取れます。しかし産休を取ることによって社内の風当たりが強くなるという覚悟が必要です。日本は男女平等を目指していますが、妊娠のことなどを考えるとやはり男性が上手に立ってしまいます。職場の人間関係にもよりますが、退職せずに産休を貰う際は、ある程度の覚悟を持っておきましょう。

Pregnancy 814905 640

産休・育休に入るまでの仕事ぶりがカギ!

入社二年目で妊娠をしたとして、産休・育休を貰うとします。職場の風当たりは強いです。仕事もろくにできないくせに妊娠で産休・育休を取るなんて…。と思われてしまうことが多いです。

その風当たりの強さを防ぐには、自身の仕事ぶりがカギとなってきます。そして、上司を味方につけると妊婦中の仕事がしやすいです。ただし、それが原因で体調を壊しては元も子もないので、あくまでも無理は禁物です!

入社二年目の妊娠のタイミングは早い!風当たりが強くても耐える覚悟を

入社二年目のタイミングで妊娠をした際の仕事への影響について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

妊娠をしてからの日々というのは、自分の体調、そして出産に子育てにと、大変なことが続きます。そういった中で仕事をし続けるという上では、やはり入社して二年目はどうなのかを考えた方が良いです。

ただし、妊娠はとてもめでたいことですし、喜んでくれる人も沢山いるはずです。体を大事にしながらも、職場の風当たりが強くても耐え抜ける覚悟を持っておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職