妊娠・出産を計画的に考えて女性が転職するのに良いタイミング

仕事探し, 妊娠

妊娠・出産を視野に入れている場合は今一度転職を検討するべき

You dsc 0834 thumb 815xauto 12458

20代前半の女性が転職する理由として多いのが、

・「会社の人間関係がうまくいかない」

・「仕事が自分にむいていない」

などなどの理由は様々です。 まだ若い時期に違う職種や職場に転職をする事はタイミングとして悪くないと思います。 しかし結婚を控えていて、出産まで視野に入れている場合は、もう一度転職するかどうかを検討し直したほうがいいと思います。

子供が小さい場合は転職が難しくなるのが現状

子どもを産んで専業主婦になっても経済的に困らない場合は良いのですが、働き続けたい場合は、退職を待ったほうが良いです。

なぜなら妊娠中や、子どもが0歳児だったりすると、ほとんどといっていいほど転職先がみつからないからです。 企業側の立場に立っても、いつ会社を休まれるかわからない人を中途採用するのは、とてもリスクがあるからです。

出産手当などを考えると退職せずに出産するべき

会社を辞めたいと思っている人でも「妊活」をしているような方は、よほど厳しい場合を除いて、そのまま辞めない方がいいでしょう。

理由としては、正社員の場合は子どもを産むと出産手当がもらえたり、1年ほどの育児休暇ももらえます。育児休暇中にも何割かの給料が払われる会社もありますので、退職後無職で出産をするのに比べると、安心して子供を産む事ができます。

転職を考えるのは復帰後が妥当

最大2年以上の育児休暇をもらえる会社もあり、その間に子育てに専念することができます。そして、職場復帰をした時に、もう一度転職について考えればいいと思います。

1年経つと、職場の雰囲気も人間関係も大きく変化をしている場合があります。 本人も出産や子育ての経験を通じて、仕事に対するスタンスや考え方も変わっている可能性があります。 もしかしたら、転職する必要がなくなっているかもしれません。

出産から逆算して3年くらい前には転職を済ませておくこと

結婚と子育てを考えていて、なおかつ仕事も続けたいというライフプランを持っている人は、もっと早いタイミングで転職を考えてもいいです。

少なくとも出産から逆算して3年くらい前に、転職を済ませておくのが最良のタイミングともいえます。転職後、すぐ妊娠出産の場合は、周囲の人の理解を得られず、復帰後苦労するかもしれないからです。

Gf01a201503151700

エージェントを利用して子育てに理解のある転職先を選ぶ

若いうちから子育てをしながら働くというライフプランがはっきりしている人は、育児をしながら働くことを理解する会社に転職をすることをおすすめします。

転職エージェントなどに相談するのもいいでしょう。子どもが急に熱を出した時や、参観日に有給をとっても嫌な顔をされない会社を探しましょう。転職エージェントなどは、このような職場の細かい雰囲気まで情報収集している場合がありますので、サポートを受けると理想通りの職場がみつかるかもしれません。

転職のタイミングは妊娠してから出産した後、もしくは出産の3年前

人間関係に悩んで転職を考える女性は多いです。

しかし、出産を控えての転職はタイミングが悪いと言わざるを得ません。 妊娠中や小さな子どもがいる女性は転職が難しい事と、正社員のまま出産をすれば出産手当や育児休暇などの会社のサポートを受けられるからです。また、出産を考えている人は、少なくとも3年ほど前のタイミングで転職をすませておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職