書類選考とは?企業が見ている部分と選考基準【転職】

2016年11月29日書類選考

書類選考とは面接をするかしないかの判断基準

Businessman 481113 1280

中小企業への転職であれば、書類選考が行われないパターンも多いですが、大企業ではほとんどの場合行われます。企業側が「書類を見てから面接をしたい」と思っているので、先に履歴書や職務経歴書を送るように指示されるパターンがおおいでしょう。

書類選考とは、企業が書類を基準にして、面接の時間を割くに値するかどうか決めるというものです。書類選考後に連絡さえなかった場合は、既に企業側は不採用を決めているのです。

書類選考において企業には独自の基準がある

書類選考の際には企業が持っている独自の基準があるため、その基準を超えられなかった場合は落とされることとなります。

企業によって基準は大きく異なる点に注意して欲しいですが、全ての企業に合わせるのは難しいですよね。ですから、書類を作成する際は応募する企業に対してそれぞれ合わせていく必要があるのです。 就職と転職では基準が異なる場合もあるという点も頭に入れておきましょう。

転職の書類選考は通過基準が高い?

転職だからこそ書類選考を行っている企業もあるので、基準をしっかり理解してから応募してください。

書類選考の時点でいい人材だと思われないと、面接までたどり着けないので書類選考から評価を高める必要性があるのです。他の仕事をしている点で、更に強みを持っているのが分かるように、書類を作成していきましょう。

転職の書類選考は実績の部分などで基準が高くなる

転職と就職で異なる点として、書類選考の基準が高くなっているのは事実です。

まず転職の際は、他の企業で仕事をした過去が分かっているので、これらの情報を掲載しておかなければなりません。特に仕事の実績や働いている年数は重要な部分であり、年数が短いとすぐ辞められると思われ、実績が足りないと出来ない人と思われる可能性もあるのです。 書類選考の際は、様々な部分で基準が高くなっている点を理解しておかなければなりません。

書類選考に通れば内定を貰える確率は高くなる

いくら基準が高くなっているといえども、書類選考を通過できれば内定を貰えるチャンスは高くなります。

企業としても書類選考でいいと思った人については、面接で更なる良さを考えようとしているのです。書類選考の基準が高くなっている所も多くなっていますが、通過できればそれだけで内定や採用に近づけるというのも事実。第一段階のハードルが高い分、そこを超えてしまえば有利になるのは間違いないでしょう。

Feedback 796135 1280

基準に足りないと思った時は過去の職歴を全て記載するのもポイント

もし書類選考で企業の基準ギリギリのラインですと、面接では自分のアピールを強く行っていかなければなりません。書類選考で足りない部分のアピールによって、基準ギリギリでも有用な人材だと見せるのが大切なのです。

また、書類選考の時点で基準が厳しそうだなとわかっている場合は、今まで行ってきた経験を全て記載してください。これによって企業側が意外な部分のキャリアに目をつけ、採用に近づくこともあるのです。あきらめずに、何でもやるんだという意気込みで書類を作成してくださいね。

書類選考とは面接に値するかどうかの判断基準!企業側は過去の実績に注目している

他の仕事をしているからこそ、転職に対する書類選考の基準は高めに設定されることとなります。基準が高くなっている点を理解しつつ、自分が今まで行ってきたことをしっかり記載してアピールしてください。

未経験の仕事でも、今までにやってきたことを全て書いていけば、書類選考を通過できる可能性は高くなります。書類選考とは何かを理解して、面接につなげていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK