OA機器業界の営業の離職率とその理由

OA機器業界, 営業職, 離職率

OA機器業界の営業の離職率は高いといわれている

Lgf01a201403121100

なぜOA機器業界の営業は離職率が高いのでしょうか。新規開拓が必要なOA機器業界の営業はメーカー、代理店ともに業務の負荷が高く、離職率は高いとの見方がされています。その原因について詳しくみていきましょう。

OA機器業界の営業が負担に感じているのは「飛び込み営業」

OA機器業界の営業は、新規開拓のための飛び込み営業が基本といわれています。現在は会社訪問のセキュリティも厳しくなり、その中であまり買い換えることのないコピー機等を売らなければならないプレッシャーは相当のようです。営業にはノルマがありますので、営業エリアによってはなかなか厳しい状況となります。飛び込みを50件しても実際に契約できるのは1件という場合もあります。OA機器の営業マンには、忍耐力と根性が必要でしょう。国内で売上を伸ばすには、システム等の周辺ソリューションといった商品群も積極的に売り込んでいく必要があるようです。

OA機器業界は厳しい状況が続くとみられる

OA機器業界自体も国内や中国での需要の落ち込みから厳しい状況が続くという展望です。今後は詳細なマーケティングによる戦略が必要になってくるとみられています。OA機器業界はスマートフォンやクラウドの普及によるペーパーレス化の動きで厳しい状況といえるでしょう。そのため、大手メーカーでは、販売数を増やすための動きがあるといえます。こうした状況がありますので、営業の仕事内容もハードになり離職率が上がっているのです。

OA機器業界は厳しい状況にあり営業の仕事も激務のため離職率が高い

OA機器業界の営業の離職率が高いといわれる理由は、業界不振の中での新規開拓の苦労にあるといえます。スマートフォンやクラウドの普及で、近年ペーパーレス化が進んでいますので、業界全体が苦しい状況といえるでしょう。また、営業の仕事はノルマが付き物ですので、そういった面でも社員は大変な思いをしています。営業の離職率を下げるには、新しい商品について企業が開拓していくことも大切です。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月21日転職