【そんな急に…】入社してすぐ人事異動となるリスクと対処法

2017年7月7日人事異動

企業における異動とはどういうものか

%e7%94%b7%e5%a5%b3%e3%80%80%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b

企業では、部署異動は日常的におこなわれています。大抵は年次または月次のくくりでおこなわれ、プロジェクト等の業務都合で、随時のタイミングでもおこなわれるようです。ちなみに「異動」とは、名刺に記載されている「所属部署」から別の部署に所属が変わる、という事象を指しています。

顧客ニーズの変化が異動へと繋がる

「入社してすぐ異動となる可能性があるか」という問いに対する答えは、「可能性はある」となります。なぜならば、顧客ニーズは常に変化しているからです。会社は、顧客ニーズの変化に合わせて方針を微調整していく必要があり、戦略的な異動が随時おこなわれるのは、その一環なのです。そのため、入社してすぐ異動になる可能性はあるといえるでしょう。

入社してすぐ異動となるリスクとは何か

新卒で入社した新入社員がすぐに異動となった場合のリスクとしては、個人的な希望や指向性といったところと違ってしまう可能性が考えられます。ただし、会社における業務遂行の観点で考えると、大きなリスクはない、と見れるでしょう。

動機や目的と違った結果になる可能性がある

新卒で入社した新入社員の場合、そもそもキャリア形成を始める段階であるため、入社後すぐの異動で影響を受けるケースはあまりありません。ただし、中途入社の場合には、事情が異なってきます。なぜならば、中途入社の場合は、入社時に特定の業務におけるスペシャリストとして雇用されている場合が多くあるからです。企業戦略の転換起因とはいえ、畑違いの部署にすぐ異動してしまった場合には、転職動機や目的とは違った結果になってしまう可能性が高いでしょう。会社に社員として入社する場合は全般にいえるリスクですが、企業戦略や方向感というものは、入社前にしっかり見極めておきたいものです。

入社してすぐ異動となったときの対処方法

Stylish 916502 640

会社に属している以上、入社してすぐとはいえ、異動は避けて通れません。ここで重要なのは、「起こったことに対する順応性や適応性」です。何がしか対処方法を考えておく必要があります。

日頃から変化に対する強さを鍛える

急に部署異動になったり、入社してすぐ異動になったとしても困らないよう、日頃から変化に対する強さを鍛えておくのが肝要です。部署異動が原因で、メンタル面でダメージを受ける人もいますので、そうならないように、「企業に異動はつきものである」といった認識を持っておく必要があります。

入社すぐの異動であってもチャンスと捉えて行動しよう

これまで述べてきたように、企業における異動は、まったく珍しいものではありません。対処方としては、入社すぐの異動でも動じないようメンタル面を鍛える、環境の変化に対して柔軟な姿勢を持ち続けることが肝要です。入社してすぐの状態であっても、これらのポイントを意識して行動すれば、異動のダメージを最低限に抑えられます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年7月7日ビジネス

Posted by BiZPARK