左遷されたら考えるべき人事異動の意図と捉え方

2019年8月6日人事異動, 左遷

人事異動で左遷を言い渡されたら、まずどうする?

Lgf01a201404150600

人事からの辞令にはいろいろありますが、昇格は断れても、降格は断れません。

つまり、残された道は左遷による異動か転職です。左遷を無理に受け入れてしまうと、心の整理が付かず、仕事に打ち込めなくなります。ポジティブな考え方で、異動を受け入れられない場合は転職も視野に入れましょう。

転職か異動か?自分のビジョンを見極めよう

我慢をして左遷されてまで仕事を続けるか、転職をして快適に仕事をするか二つに一つ。

転職が上手くいけば、給与アップが見込めて更に良い環境で仕事が出来るようになる可能性もあります。転職に失敗すれば、左遷による異動と変わらない待遇の場合もあります。

どちらにしてもメリット、デメリットはあるかと思いますので、自分の将来のビジョンを描くことが大切です。

左遷人事を受け入れる!異動の意図を確認して交渉するのもアリ

左遷であっても、やはり、同じ会社で働き続けたいと思い、異動を受け入れると判断したなら次にすべきことがあります。

それは、人事もしくは上司に異動の意図を確認する事です。

ただの降格で済めば、また這い上がることも可能です。

人間関係の問題や会社の業績の影響によるものだと、なかなかこちらの言い分を聞き入れてもらうのは難しいかもしれませんが、もし、これまでの成績が望ましくないだけの左遷ならまだ希望はあります!

左遷された先で実績を上げたら戻してもらう交渉をする

自身の成果や、上司への失礼な態度といった理由で左遷されたのであれば、それを覆すだけの実績を上げればいいのです。

人事に、「今回は異動を受け入れるが、左遷先で〇〇の実績を上げたら、また本社に戻してほしい」など交渉してみましょう。

口約束ではなくきちんと書面に起こしておくのを忘れずに!

左遷の人事異動をチャンスと捉えてみよう!

Shield 229112 640

諦めて左遷による異動を受け入れる場合は、今後の為になるように捉えなければなりません。

自信を無くしてしまうと、きっかけが無い限り、降格後の役職のまま定年を迎えてしまいます。能力を最大限に発揮しないで、仕事を続けるのはとても勿体ないです。左遷による異動をポジティブに捉える努力をしましょう。

左遷された事で様々な体験ができ、経験値が上がる

左遷による異動によって、慣れない仕事をさせられる可能性もあります。

しかし、どんな仕事でも無駄になる事なんてありません。多少なりとも今後のスキルアップに繋がるはずです。

そこからスキルを身につけて、昇進するのも可能です。これは左遷されなければ出来なかった体験でしょう。将来的に良い経験をしたと思えるように行動しましょう。

人事異動で左遷されても、卑屈にならずに前向きな行動を心がけて!

左遷による異動をネガティブな感情で素直に受け入れてしまうと、今後の仕事に支障をきたします。

納得いかない場合は人事に交渉するなど行動を起こすべきです。

左遷による異動は考え方一つで自分にとってのチャンスになります。異動を受け入れる場合でも捉え方を変えて、自分にとって良い経験に変えましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月6日転職

Posted by BiZPARK