転勤を上司から打診をされた時の意図と好ましい対応法

2019年8月6日上司, 転勤

上司が転勤の打診をする意味とは?

Lgf01a201305231700

ほとんどの企業で、転勤の辞令が下る前に上司から打診を受ける事が多いです。しかし、果たして上司が転勤の打診をする事には、何か意味があるのでしょうか?転勤はいつ決まるか分かりませんので、転勤の可能性がある人は確認をしておきましょう。

上司が転勤を打診する意味①:精神的ショックの緩和

転勤辞令が公表されて、そこに自分の名前があったら本人としては相当ショックなものです。人によっては急に発表されるという形で転勤を知る事により、精神的に病んでしまう場合も稀にあります。

上司が先に転勤を打診しておくのは、そのショックを緩和するという意味があるのです。

上司が転勤を打診する意味②:本人の意思確認

転勤を打診された時に、ほとんどの人が「断りたい」と思うでしょう。転勤辞令は、一度下ったら雇用契約上拒否する事はできません。

しかし、転勤打診の段階ならば、「行きたくない」という意思表示はできます。もちろん希望通りにならないため意味はないかもしれませんが、本人としては「一応意思は伝えた」と実感が残ります。

転勤を打診する上司の意図とは?

Businessmen 530331 640

上司が転勤を打診する意味は、急な転勤への精神的ショックの緩和と、転勤に対する本人の意思確認を見る意味があったのですね。続いて、転勤を打診する上司の意図について見ていきましょう。

上司が転勤を打診するのは本人を説得する為

転勤の打診といっても「お伺いを立てる」という意味ではありません。本人の意思を聞きながら、会社の方針に従うように少しずつ説得していくのを目的としています。上司のトーク術が非常に重要な意味を持つのです。

転勤そのものが上司の意向なのか、もっと上層部の意向なのかによっても変わってきますが、立場上はひとまず伝える義務があるのです。何にしても、転勤に関して考える時間を貰った訳ですから、持ち帰ってじっくり自分の意見をまとめましょう。

上司が転勤を打診するのはメリットを伝える為

転勤を打診する上司としては、まず本人が「行きたくない」というであろうと想定して説得方法を考えます。その為には「拒否をすれば閑職に追いやられる」「出世が望めなくなる」という転勤を断った場合のデメリットを伝えます。

その後に「今受ければ役職付きで戻ってこられる」「昇給が期待できる」などの転勤する事のメリットを説明して、少しずつ納得させるように説得していくのです。もし部下が「転勤は無理です」となったら、上司の顔が潰れるからです。

上司に転勤を打診された時の反応は?

上司が転勤を打診するのには、転勤する事のメリットなどを伝えて本人を説得する意図もあったようです。次に実際に、上司に転勤を打診された時にどういった反応をするのが良いのでしょうか。

Optimism 649723 640

転勤の打診に抵抗がなければやる気をアピール!

上司が転勤を打診した時の対応で、本人にやる気があるか判断するというケースも考えられます。今後企業にとって必要な人材であるかどうかをこの機会に見極めるという意味もあります。打診というよりは、面接に近いものがあると言えます。

もし転勤に抵抗が無ければ、転勤を打診された段階で「辞令が出たなら行きます!」とアピールしましょう。迷っているならば、「少し考えさせてください」と持ち帰るべきです。転勤したくない場合も同様です。

上司は転勤の打診からやる気や向上心を見ている

転勤を持ちかけた時に、「まだ自分には早い」「自信がない」など自分を過小評価するのは、万が一転勤が回避できたとしてもかなりマイナスになります。「ムリです」などと言う様では、今後自分の部下として使うのに躊躇うでしょう。

上司は会社からの決定事項を伝えるだけではなく、あなたのやる気や向上心を見ています。打診をした際のあなたの反応に対する上司の評価は、マネジメントクラスや転勤先の上司に伝わると思いましょう。

上司に転勤を打診されたらやる気や向上心をアピールしよう!

上司に転勤の打診をされた時に考えるべき事について紹介してきましたが、参考になりましたか?

上司からの転勤の打診は、本人の意思を確認する体のものですが、あくまで「単なる事前通知」程度の意味合いで考えておきましょう。

人は強がりたいもので、周囲の人から「転勤だって?」と言われた時にショックを受けるよりも、「実はそうなんだ」と事前に知っていたことで少しでも優位にいたいもの。その気持ちを汲んでの打診だと思うようにしましょう。

せめて転勤の辞令が下りた時には悠然と振る舞うようにしたいものですね。その転勤を受けるか・断るかで、今後の自分がどうなるのかよく考えましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月6日転職

Posted by BiZPARK