【難しい単語は必要なし!】入社の挨拶を英語で求められた時のポイント

自己紹介

英語力はもはや常識

Old newspaper 350376 1280

ビジネスの国際化の波はとどまるところを知らず、中小企業でも新入社員に英語力を求めるようになっています。

英語ができないという言い訳は通用しません。上手でなくても実践で通用する英語力を身に着けて置かなければ移り変わりの速いビジネスの世界についていけなくなってしまいます。

入社したてだからといって英語が話せなくて良いはずはありません。構文を丸暗記してでも簡単な会話くらいはこなせるようにしておきましょう。

外資系以外でも英語力は求められる

英語といえば外資系木企業というイメージを抱きがちですが、実際のビジネスの現場では外資系以外の企業でも英語力のニーズは高まっています。

特に製造業の場合、生産拠点の海外移転が進んでいるため現地で勤務することになる社員は少なくありません。生産管理から商談まであらゆる場面で英語力が必要になりますから、より実践的な英語力が求められます。

入社の挨拶を英語で

新入社員が先輩社員に入社の挨拶をするのは常識ですが、近年は入社の挨拶や自己紹介を英語でするよう要求する企業が増えてきています。

新入社員にとって入社の挨拶というのは最初のお披露目の場になりますから、万が一にも失敗するわけにはいきません。英語で挨拶と自己紹介ができるようきちんと準備をして、入社当日に臨みましょう。

入社の挨拶は英語力をアピールするチャンス

英語で行う入社の挨拶は、英語力をアピールする絶好のチャンスです。ここで素晴らしい挨拶をすることができれば英語の得意な新人が入社してきたと印象付けることができますから、しっかりと準備をしてよい挨拶ができるようにしておきましょう。

入社の挨拶は平易で分かりやすい英語を簡潔にまとめる

Newspaper 412452 1280

英語力に自信があるからといってわざと難しい言い回しを挨拶に使ったりするのは、英語力をひけらかしていという印象を与えてしまい、かえってマイナスイメージになりかねません。平易で分かりやすい単語を使いながら印象に残る挨拶文を書きましょう。

日本語の挨拶で長々とした挨拶が嫌われるように、英語の挨拶も短くまとめたほうがすっきりとして好印象を与えます。余計な文章は盛り込まず、自己紹介と挨拶に必要な情報のみを簡潔にまとめましょう。

挨拶の例文を参考にしてまとめるのがコツ

英語の挨拶に個性は必要ありません。挨拶の例文を参考にして、自分なりの英語の挨拶を書きあげましょう。

I enjoy~(趣味は~です)、I live in~(~に住んでいます)、I will do my best(全力を尽くします)といったような定型文を使いながら自分の情報を当てはめていけば、英語の挨拶文は完成します。

英語でする入社の挨拶は簡潔にまとめよう

入社の挨拶を英語で、と言われたら緊張してしまうのは当然です。

しかし、英語を過度に恐れる必要はありません。英語の入社挨拶で重要なのは、素晴らしい挨拶をすることではなく間違いのないきちんとした挨拶をすることです。

難しい英語を使う必要はありません。自分できちんと理解できる平易な英語を使い、間違いなく相手に伝わる挨拶をしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日ビジネス