親睦会を会社で企画するときの3つのコツ

飲み会

参加しやすい会社の親睦会を企画!「店選び」は慎重に

Gf01a201503290900

社会人ということで、大学生が飲み会を行う様な会社の親睦会で、居酒屋は避けたいと思っていたとしても、実際にそういう店は、5,000円以上かかるケースがほとんどです。

そうなれば親睦会の参加率に大きな影響を及ぼします。親睦会の企画をしても参加者が少なければ、開催する意味が無くなるので、参加しやすい内容の親睦会にするようにしましょう。

会社の親睦会を参加しやすくするには3,000円程度が妥当

会社での親睦会の会費は3,000円程度であれば、参加しやすいので、高くても4,000円までに設定しましょう。

3,000円支払えば、個室で親睦会を開ける場合もあります。宴会芸を行うのであれば個室を選ぶようになるので、店選びは慎重に行いましょう。

また、会社から直接行くのであれば、それに合わせてアクセスが良い場所に立地している店を選ぶようにしましょう。

親睦会の内容を充実させた企画をしよう

お酒を飲んで喋るだけでは、普段の飲み会と変わりません。普段よりも少し豪華な食事にしたり、ミニゲームを行うなど工夫をしましょう。

参加人数が多い場合は、幹事の補佐として1人を指名して協力してもらう必要があります。親睦会の目的を達成するためにも、内容を充実させる事が大切です。

宴会芸の種類を選ぼう

宴会芸を行うのであれば、職場の雰囲気を見て選ぶことが大切です。一発ギャグなど、行う人が恥ずかしい思いをする企画は避けましょう。

大人数で仮装をするなど、1人でハードルが高い役目を任せない事が大切です。嫌な思いをする可能性もあるので、参加率を下げないためにも宴会芸の内容は工夫しましょう。

親睦会の返金時にはトラブルが付き物

料金を予め多めに徴収して、後から返金する場合には、返金時にトラブルが起こる可能性があります。

使途不明金があったり、予想していたよりも返金が少ないなど、お金に関するトラブルが起こる場合があります。こういったことを未然に防ぐためにも、企画の段階でどれぐらいお金がかかるのかを示しておきましょう。

参加率と評価に関わる

お金に関することでトラブルを起こしてしまうと、会社での評価に関わります。

また、正しく返金されないということは、参加者にとっては損をしたことになるので、次回から親睦会に参加してもらえなくなる可能性が高いです。

参加率と自分の評価に関わるので、返金時の明細書の内容を充実させることが大切です。

参加しやすい親睦会にするために企画の時点でトラブルの原因を排除!

会社の親睦会でトラブルを発生させないためには、トラブルが起こりうる項目を確認して、事前に対策を立てるようにしましょう。

企画を立てている段階で対策をしておくことで、参加者が全員気持ちよく親睦会に参加できます。それによって、次回以降の親睦会も進んで参加してもらえることになるので、企画の内容を充実させましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス