歯科衛生士の仕事内容と現場で働く人の本音

歯科衛生士

歯科衛生士の仕事内容には歯石除去など簡単な治療も含まれる

Zahnreinigung 1514692 1280

歯科衛生士の仕事内容とその本音として、まずは仕事内容から見ていきましょう。特徴的なのは、やはり歯石の除去など、ごくごく簡単な歯の治療が仕事内容に含まれているという点です。これは、歯科助手が行うことは出来ないので、歯科衛生士ならではの仕事内容だと言えるでしょう。また、それに付帯して歯ブラシの指導をする場合もあります。それが歯科衛生士の仕事内容の特徴と言えるでしょう

歯科医の指示を受けた上で治療をする

もちろん、それらの仕事内容は歯科衛生士が独断で行うわけではありません。そうした作業をする時には必ず歯科医の指示があり、その上で行わなくてはいけないので、歯科衛生士はしっかりとした知識・経験・判断力が必要になってくるでしょう。簡単に出来る仕事内容ではないというのが本音です。

歯科衛生士は仕事内容として受付も担当する

歯科衛生士は、受付などの業務も担当しないとなりません。受付や器具の準備なども、歯科衛生士の仕事内容の一部なのです。そのため、歯の治療を手伝うだけではありません。それも歯科衛生士の仕事内容の特徴と言えるでしょう。このあたりは歯科助手の仕事内容ともかぶってくるので、そのせいでよく混同されるのです。しかし、科衛生士の本音としてはそれで混同されるのは不本意でしょう。

歯科助手にはできない仕事内容を歯科衛生士ならできる

歯科衛生士はわかりやすく言うと、歯科助手の上司のような存在だと言えます。歯科助手には資格はいりませんが、歯科衛生士には資格は必要です。そのため、歯科衛生士の仕事内容で、歯科助手ができない内容は多くあります。そのため、混同されたくないという本音があるのでしょう。

歯科衛生士の本音は「給料が低い」ということ

では、そんな歯科衛生士は、仕事についてどのような本音を持っているのでしょうか?多くの歯科衛生士方は、仕事内容に対しての給料が低いと思うのが本音だと言います。確かにこれだけ色々な仕事をこなせる割には、歯科衛生士は年収300万未満の人も多く、決して高いとは言い難い状況です。

つぶしが効くという本音も持っている

ただそういった本音がある一方で、たとえ今の職場でうまくいかなくても、別の職場でも就職できるので、つぶしが効くという本音も持っています。確かに歯科衛生士の仕事内容は、どこでも似たようなものが多いと言えるでしょう。その小回りの良さには、歯科衛生士の人も満足しているが本音です。

歯科衛生士の仕事内容は簡単な治療や受付であり「給料が低い」というのが本音

歯科衛生士の仕事内容とその本音を紹介していきました。歯科衛生士の仕事内容は多岐にわたっているため、給料をあげてほしいと思っているのが本音です。また、歯科助手と混同されたくないと思うのも本音でしょう。しかし、給料は低くてもつぶしを聞かせて長く続けられるという本音もあります。資格を取得しなければできない仕事なので、思ったより給料が低いと感じる本音も仕方が無いのかもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職