歯科衛生士を辞めたいと思う理由3つ【転職】

2016年11月29日歯科衛生士, 退職

歯科衛生士は辞めたい人が多い?

Lgf01a201501140700

今回は歯科衛生士の退職理由を紹介して行く訳ですが、「町の歯医者さん」という言葉をよく耳にしませんか。その言葉が示す通り、歯科医院は数が多いですよね。ですが、その数と同じだけ、悩みを持つ歯科衛生士も多いのです。中には辞めたい、歯科衛生士から転職したいと考える人もいます。その理由を見ていきましょう。

辞めたいと思う理由①:人間関係で悩み歯科衛生士から転職してしまう人が多い

歯科衛生士が働く歯科医院は、個人経営のこじんまりとしたところが多く、少人数で運営しているのが現状です。実はそこにも退職理由が隠れています。少人数の歯科医院で働く歯科衛生士には女性が多いこともあり、職場の人間関係で揉めて、歯科衛生士から転職をしたいと考える人が多数いるようです。

【実際の声】辞める理由である人間関係の悩みの例とは

ネット上で調べていきますと、歯科衛生士の退職理由として様々な意見がありましたのでその一部を紹介します。

【実際の声】

「やはり人間関係でイヤになって辞めたいと思うようになります。辞める理由は新しく入った人に環境を乱されたり、ドクターと考え方が合わなかったり。」

「辞める理由の大きなものは職場での人間関係です。あとは私自身の仕事でのミスなどに悩まされ去年に胃潰瘍になり、今年はうつ病になり、辞めたいと思いました。 」

人間関係が退職理由になる事は業界問わず多い

上記が歯科衛生士の退職理由で多い「人間関係」での悩む実際の声ですが、やはり現代のビジネスシーンは歯科衛生士だけではなく、人間関係がこじれて辞める理由となるケースが多いですね。仕事上での人間関係は難しく、辞めたいと考えてしまう事につながるようです。退職理由としては共感できる部分かもしれませんね。

辞めたいと思う理由②:女性に人気の職業だから結婚や出産による転職も多い

歯科衛生士は女性の比率が多い職業です。そのため歯科衛生士の退職理由として、自然と結婚(引っ越し)や出産のタイミングに合わせて辞めたいと考え、歯科衛生士から転職したり退職したりするケースが多いようです。私生活の変化により土日が休日ではないというのも、辞める理由や、転職率が高い理由のひとつとして挙げられます。他にも辞めたいと思うきっかけ、退職理由はあるのか見てみましょう。

Lgf01b201501140700

出産後の女性のライフイベントも退職理由・転職の要因になっている

歯科衛生士が辞めたいと思う理由・退職理由として、女性特有のライフイベントが起因になっているケースも多いです。

基本的に歯科衛生士の仕事は、主に女性が担っているため、結婚や出産が退職理由となる場合が多いのですが、何故、結婚や出産をしたあとに職場復帰をしないのかという事です。それは、歯科衛生士の仕事は拘束時間も長く、育児や家事を両立して働く事が難しいからです。その為に、結婚や出産が歯科衛生士の退職理由として多いようです。

辞めたいと思う理由③:気苦労が多い割に給料が安いと感じている歯科衛生士が多い

次の歯科衛生士の退職理由として給与面の待遇の低さが挙げられます。歯科衛生士は人間関係だったり、子供から老人の相手だったり、気苦労も多い職種です。歯科衛生士はその割に給料が安く、辞めたいと不満に思っている人もたくさんいるようです。歯科衛生士の辞める理由として多いのも頷けますね。

【実際の声】給料が安いために歯科衛生士から転職しようと思うときとは

気苦労が多い割に給料が安いと感じている人が多い理由についてのネット上の声をまとめますと…

【実際の声】

「給与が年齢を重ねても非常に安いままなので、歯科衛生士から転職しようと考えた。」

「男性が歯科衛生士になることは厳しい。給料が安いため、男性が一生の仕事とするには厳しいので歯科衛生士から転職したくなった。」

「給料は手取り13万円です。初任給は11万円ちょっとであまり上がりません。場所により給料は違いますが、歯科衛生士は悪い方です。」

給料の低さはネック

上記の歯科衛生士の声を聞いてみても給料面での待遇の低さの不満は多いようで、歯科衛生士から転職する理由にもなるみたいです。確かに歯科衛生士の業務内容を考慮して見ても、給与面での待遇は低いように感じますので、歯科衛生士の退職理由として給与の低さは納得がいくかもしれませんね。

歯科衛生士の退職理由は主に3つ!人間関係・ライフイベント・給料で辞めたいと思う人が多い

今回は「歯科衛生士を辞めたい」と思う人の中でも、特に多い退職理由と仕事の現状について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

歯科衛生士から転職する人が多い理由は主に3つ。人間関係、結婚&出産、収入の安さが辞める理由として挙げられます。しかし、視点を変えてみると、歯科衛生士は高収入が期待できる職業ではありませんが、就職状況は良好。しかもパート募集もたくさんあるため、女性が出産・育児後に復職しやすい職業と言えます。歯科衛生士を目指す人、現役歯科衛生士で転職しようかどうか悩んでいる人はその点も考慮して将来を考えてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK