履歴書の休職期間や無職期間をマイナスに見せない書き方

職務経歴

無職期間は履歴書に必ず記入!休職期間は場合による

Home office 599475 640

まず無職の期間に関しては、職歴欄の中でどうしても空白の期間が生じてしまうので、採用担当者側には隠すのは難しいと考えましょう。そのため、無職だった期間に関しては、履歴書に必ず記入するのが正しい対応です。

万が一、空白期間をごまかして書いても、入社した後で社会保険の手続き等の際にバレてしまう可能性があります。そうなると最悪の事態にも発展しかねません。リスクを避けるためにも、履歴書には記入すべきなのです。

休職期間は現職と繋がりのある会社だけでも可

一方、休職期間の履歴書の書き方となると話は別です。休職期間中であっても、就業先の会社等に在籍していることに変わりはありません。わざわざ休職していた期間を履歴書に書く義務はないのです。

休職していたという事実は大きなマイナスポイントですので、出来る限り履歴書には書かずに済ませたいところです。

ただし、転職で採用を試験を受ける際、現職と繋がりのある会社に履歴書を持参するとなれば、かなりの確率で情報は漏れると考え、正直に記入する方が無難です。

休職の事実が源泉徴収からバレないように注意

ただし、注意しておきたいケースもあります。例えば直前まで勤めていた会社で、転職する直前までの半年程度休職していたとします。休職期間の給与は満額は支払われていないでしょうから、転職先に源泉徴収票を提出した際に、担当者が金額に不自然を感じてしまえばバレる可能性はあります。

こうしたケースでは、不利になるのを承知であらかじめ申し出てしまうという選択肢もあるでしょう。履歴書の職歴の欄に書かないというのも、ケースバイケースといえるのです。

無職期間がある場合の履歴書への書き方

では、履歴書に無職期間を書かなければならない場合、どのような書き方が最善なのでしょうか。

それにはまず、履歴書のフォーマットから選ぶ必要があります。履歴書には様々なフォーマットがあり、基本的な項目だけをシンプルに記入するものから、「その他の特記事項」や「備考」などの欄にスペースが割かれているものまであります。

そもそも就活や転職では面接まで進めなければ意味がありませんから、マイナスポイントのフォローは、必ず履歴書内に書きこんでおきたいところです。そのためにも、フォローのための記入ができるような欄がある履歴書を選ぶのがポイントです。

前向きな活動記録だけに終始した書き方が良い

次に、具体的な書き方です。まず、単に無職と言ってしまえばマイナスの印象しかありませんが、実際には無職期間と言っても様々な活動をしているかと思います。当然、就職活動を行っているでしょうし、ハローワークの職業訓練に参加したり、生活費のためにアルバイトをしているケースもあるでしょう。

重要なのは、「就業していなかった」という事実ではなく、「前向きな活動をしていた」というアピールです。

就職活動を行いながら勉強をして視野を広げた、PCのスキルアップに努めた、アルバイトで新たな経験を得た、などと成果を添えて、活動していた点を前面に押し出しましょう。職歴に書けない部分でどう活動をしていたかをしっかりとアピールしましょう。

休職期間がある場合の履歴書への書き方

Ook89 anatanono120131223

では、履歴書で休職期間を書く場合の書き方はどうでしょうか。

まず最初に述べたように、例えば病気や介護等の事情で短期の休職期間があったとしても、わざわざ記入する必要は必ずしもありません。無職の場合と違って職歴の詐称にはなりませんから、休職期間を書くか書かないかは、慎重に考える必要があります。もし書かずに済むのであれば、書かないで済ます方がベターです。

しかし、転職先の企業から不審に思われる可能性がある場合や、前職の説明をする際に話の流れとして避けて通れない場合など、休職期間についても履歴書で触れておきたいと思うことがあるかもしれません。その際は、無職期間と同様に、「その他」等のスペースが設けられている履歴書を使用して書くのが良いでしょう。

休職した理由と今後は問題ない旨を簡潔に書く

休職期間の書き方では。休職せざるを得なかった事情と、現在および今後は問題がない旨を簡潔にわかりやすく記入するのが大切です。特に、言い訳じみた調子にならないように注意しましょう。

基本項目だけの履歴書を選び記入しない手も

基本的な項目しか記載されていない履歴書を、あえて選ぶというのも一つの選択肢です。無職期間は職歴の空白期間で一目瞭然ですが、休職期間は自分から申し出なければ見えない期間ですので、履歴書には記載せず、必要があれば面接で申し出るという方法も時には有効です。

履歴書の書き方が分からない場合は転職エージェントに相談

履歴書に休職期間の概要を書かなければならないが、どう書けばいいのか、どうすれば印象が少しでも良くなるのか分からない人が多いでしょう。そんな時は、転職エージェントに相談してみるといいかもしれません。

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界実績No.1を誇りますので、安心してハイレベルなサポートが受けられます。履歴書作成に関してもしっかりアドバイスがもらえますよ!無料ですので、ぜひ利用してみてください。

休職期間がある場合は履歴書に「事実と今後の見通し」だけ簡潔に書く!

不利な点はなるべく書かず、有利な点をアピールするというのは履歴書の鉄則です。履歴書での嘘や詐称は問題ですが、自分に不利な情報を全てオープンにしなければならない義務があるわけではありません。

無職や休職していた期間があるというのは、履歴書では大きなマイナスポイントです。休職など書かなくても済む不利な情報は、可能な範囲で記入を避け無職の期間は書き方を工夫して、採用担当者側の印象を良くするように努力する必要があります。

無職・休職といった状況に応じて上手く情報を処理し、少しでも印象の良い履歴書を書けるよう心がけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日転職