転勤時に会社が負担してくれる住宅手当に関する知識

住宅手当

転勤前に知っておこう!住宅手当の負担額は?

Coins 163517 1280

転勤先の住宅手当による家賃の負担額は、会社によって様々です。1万円程度しか負担してくれないケースもあれば、家賃8万円までの物件の家賃8割まで、と細かく負担額を定めている場合もあります。

一般的な負担額の相場は1~2万円なので、特別に福利厚生に力を入れている訳でないのであれば、それほど大きな助けにはなりません。

階級によって住宅手当の負担額が異なる

会社の中でも社員に格付けをしている場合、上の役職に就くほど福利厚生として、より多くの住宅手当を支給してもらえる傾向があります。階級によって負担額が異なるので、一概にどれだけ貰えるかは判断できません。

まずは、会社規定の福利厚生について確認して、転勤時に自分がどれだけ住宅手当の負担額をまかなってもらえるのかを調べておきましょう。

地区によって住宅手当の負担額は異なるが…….

家賃8万円までが対象というように、住宅手当の負担額を金額で分けられている場合もあれば、住む地区によって分けられているケースもあります。

駅から徒歩5分圏内の物件の住宅手当の金額が一番少なくて、バス移動をしなければ駅に行けない距離にある物件の住宅手当の金額が多いというような、転勤先の住所の待遇に合わせて負担額が変動する場合もあるのです。

いずれにせよ住宅手当よりも通勤しやすさで家を決めるのが賢明

駅から遠い場所の物件に住むという事は、交通費が余計にかかったり通勤時間がより多くかかるデメリットにつながります。駅から遠い物件は、駅から近い物件よりも家賃の水準が低いので、結果的に会社としては同じ程度の負担額で済みます。

あまり深く考えずに、通勤のしやすさを優先して決めるようにしましょう。

住宅手当については就業規則に従う

基本的に、住宅手当の適応対象となる年齢や、家賃の負担額などは全て規定(就業規則)で定められています。

その規定に従って住宅ローンや、家賃の負担額が決定されるのです。基本的に、転勤場所が地方だからといって、より多く支給してもらうというようなことはできません。

Coins 948603 1280

転勤に関しても規定があるので要確認!

住宅手当に関する規定があるように、転勤に関しても規定が存在します。転勤はどうしてもその土地に留まる理由が無ければ、断ることはできません。

住宅手当も同様に、特別な事情が無ければ規定外の金額は支給してもらえないのです。正しく給与が支給されているのであれば、転勤を断る選択肢はまずありえませんよね。

転勤時に支給される住宅手当や家賃負担額は会社によって様々!就業規則を要確認!

転勤にともなう住宅手当の負担額は、会社によって違います。そして、どういう物件を選んだ方が得かということも、規定の内容によって異なってくるのです。就業規則の福利厚生に関しては、よく確認してください。

転勤で単身赴任することになれば、二箇所の家賃を支払わなくてはならなくなりますよね。大きな負担額になるので、少しでも多くの住宅手当を支給してもらうためにも、賢く物件を選びましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日転職