給料アップ交渉に効果テキメン!成功させる賃上げ交渉の方法

交渉, 賃上げ

賃上げ交渉は直属の上司に行う!

Office 227170 960 720

給料アップを狙っている人で、人事と賃上げ交渉を行うケースがあるます。しかし人事というのは給料計算は行うものの、個人の給料については決定権がありません。

中小企業や外資系で給料を決める方法は、上司の報告に基づきマネジメント側や社長が承諾するケースがほとんどです。賃上げ交渉をするなら、ばまずは直属の上司に希望を伝えましょう。

決算直後や実績が出たタイミングを狙うと効果的

賃金交渉をするには、どれだけ自分が実績を上げられてたかを証明するのが近道です。もしも決算直後で、自分が担当した仕事により業績が良くなった部分があるのなら、その数字を上司に見せて賃上げ交渉するのが効果的な給料アップ交渉術といえます。

収益の増加だけではなく、未収金の回収率が上がった。費用が減った。などの実績についても数値で説明できれば、給料アップの可能性は高まります。給料アップ交渉の方法として、タイミングを図るというのはぜひ覚えておきたいポイントですね。

失うものがない状況で賃上げ交渉を行いリスクを減らす

962c5bdea0f2d8b4

賃上げ交渉をすることで「自分の評価がマイナスになるのでは」と心配になるでしょう。しかし、一年に何度も給料アップ要求をするのなら話は別ですが、上司と面談形式できちんと給料アップ交渉をしたのなら、マイナス査定になる場合はあまりありません。

「給料アップ交渉はどうしても不安……」という時は、リスクを減らしましょう。極端にいえば転職も視野に入れておくなどで、失うものがない状態にするのです。失うものがなければ、気楽に賃上げ交渉を行えます。

転職情報を参考にした賃上げ交渉術は効果アリ

現在の給料に不満があるが、職場自体に不満がない人もいるでしょう。職場辞退に不満がないのであれば、求人の中で自分が興味がある企業の給料を参考に、賃上げ交渉をしてみてください。

自分の能力と想定給与を参考にした給料アップ交渉術であれば、決して法外な要求ではないという自信がつきます。そして有効な方法です。ときには、強気で給料アップ交渉をしましょう。意外と応じてくれるなんてケースもあるのです。

評価面接は年に一度くる賃上げ交渉の絶好のチャンス!

Businessman 481113 640

ほとんどの企業で、会社側から労働者の一年間のパフォーマンスを評価する面談を行います。実績を再認識してもらい過小評価だとアピールするチャンスであり、賃上げ交渉術を発揮できる有効な機会です。

面談の前には給料アップ交渉を行うためにも、実績を積んでおきましょう。

結果とそれに向けた努力をリストアップして提出!

一年の振り返りである評価面談では、目標達成の実績とそれに向けて何を努力してきたのかをリストアップして提出する方法がおすすめです。セミナーに出席したり、通信講座を受けた経歴があれば、証明できるものを用意しておけばより給料アップ交渉には効果的です。

目標達成のために、他の社員がしないような努力をしていると大きな強みとなります。全ての目標に対して一定レベル以上の努力を行っていて、それを客観的に評価できる状態が賃上げ交渉の方法として適切です。

どうしても給料が上がらない場合は?

評価面接が実施されても給料が上がらないのは、もしかすると会社から適正な評価を受けていない可能性があります。そう感じたら、転職をして職場環境を変えるといいかもしれません。

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

効果的な賃上げ交渉の方法を覚える!給料アップ交渉術で給料UPを目指そう

給料UP交渉に効果テキメンな、成功させる賃上げ交渉の方法について見てきました。「給料にアップしたい!」と思ったら、まずは自分の結果とそれに向けて身につけたスキルをリストアップしておきましょう。「給料を上げるに値するか」を、まずは自分で判断します。そして、ベストな時期は以下のようなときです。

・評価面接

・決算後

・プロジェクトの実績が出た直後

上記のような給料アップ交渉をする、ベストタイミングを逃さないでおきましょう。今回述べたような方法を用いた賃上げ交渉が、効果的といえます。賃上げ交渉の方法をしっかりと把握して、失敗しない給料アップ交渉を上司に対して持ちかけるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年9月26日転職