宴会芸として2人で余興を行う時に盛り上がるネタ

2017年1月16日宴会芸, 飲み会

2人でする宴会芸の余興ってなぜ必要?

Girls 685787 640

日本では、飲み会の場におけるコミュニケーションが「飲みニケーション」とも呼ばれるように、お互いのコミュニケーションを図るために宴会は重要な役割があると考えられています。そしてその会で行われる宴会芸は、場の雰囲気を盛り上げるという意味で欠かせないものという認識があります。

宴会芸は場の雰囲気を良くするために必要なものなのです。余興には一人で行う場合もあれば2人以上で行う場合もあります。

2人でする宴会芸にはマジック・モノマネ等がある!

宴会芸には定番のものから、流行を取り入れたものまで幅広いものがあります。ダンスやカラオケ、モノマネやマジックなど、幅広い選択肢の中から選ぶ事ができます。あるいは漫才などに果敢に挑戦してみても良いかもしれません。

最近の流行を取り入れたものから、自分達のオリジナルなものまで、何を余興にするかは自由です。盛り上げる気持ちを第一に考えましょう。

2人でするのに滑らない宴会芸の余興とは?

宴会芸は見る側は楽しくて気楽ですが、やる側は何をすれば一番盛り上がるか非常に悩むことでしょう。勢いを重視するなら、カラオケやダンスが一番でしょう。ただしマイクがあるか無いか、踊れるスペースがあるかないかでも変わってきますので注意が必要です。

何も使わないシンプルな宴会芸なら、やはりモノマネでしょう。流行りの芸人のモノマネをするのも良いですし、社内で誰もが知っている人間のモノマネをするのも有りです。あくまでもネタのチョイスには気をつけましょう。

お酒の力を借りて2人で二人羽織りをして盛り上がろう!

一人で宴会芸をするのは大変ですが、2人というのはやはり強みです。せっかくですから2人でしかできない余興をするのがオススメです。

例えば二人羽織などは盛り上がる定番です。体を張った2人での対戦ゲームなども良いでしょう。2人でやるというメリットを充分に活かした上で盛り上げましょう。お酒の力を借りるのもオススメです。

2人で宴会芸をする上で大切な事は!?

宴会芸は一人でももちろんできますが、やはりその難易度はその分高まります。しっかりとした腕を持っていなければ宴会を盛り上げることはできないでしょう。

しかし2人で宴会芸を行う場合は、お互いに協力し合いながら盛り上げることができます。足りない部分を補いながら、またフォローし合いながら2人で宴会芸に取り組みましょう。事前にやる事が決まっている場合は、練習や打ち合わせをしっかり行っておきましょう。

Beautiful 19075 640

本番までに完璧にする!2人の息を合わせる練習が大事

2人で行う宴会芸は、お互いの息を合わせることが大事です。即興で行う場合は仕方ありませんが、事前に2人でやることが決まっているならば、息を合わせる練習を行っておきましょう。芸の中でのタイミングの確認、あるいは技術的な練習、そして盛り上げるポイント作りなどを2人で考えておくことが宴会を盛り上げるために重要になります。

あくまでも余興ですから、楽しむ事が第一です。急にふられた場合であっても、モジモジして何もできないという事態だけは避けましょう。常に高いテンションを維持する事だけを心がけて、盛り上げましょう!

2人で宴会芸の余興を行う場合は、恥ずかしがらずにハイテンションで!

2人で宴会芸をするのはなんだか気恥ずかしいと感じる方もいるかもしれません。しかし練習を重ねた上で宴会に臨めば、きっとその成果も出るはずです。

何よりも、2人が、やらせられている感じを出さないこと。それが宴会芸を行う際に一番大切なことです。

宴会で何をすればいいのか悩んでいる2人は、今回ご紹介した宴会芸を参考にしてみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK