【年末の納会に向けて!】適切な乾杯の挨拶のコツを覚えておこう

2016年11月25日乾杯, 飲み会

年末の忘年会・納会

年末に忘年会、もしくは納会が行われるという会社は多いと思います。年末の締めくくりとして、会社の仲間でこういった納会が毎年恒例であるということは多いと思います。忘年会が行われるという会社、納会が行われる会社、どちらもあると思いますが、こうした場で、乾杯挨拶などを任されるという方はいるのではないでしょうか。

納会での乾杯挨拶

忘年会と納会では少し違いがあります。忘年会は年末の締めくくりであり、労苦などをねぎらっておこなわれるものですが、納会は少し違い、打ち上げの様な意味合いが強くあります。

さらに、時間帯も、15時ぐらいから始まり、さっと始まりさっと終わるようなものとされています。ですので、忘年会での乾杯挨拶とは違い、納会での乾杯挨拶とは、さっと終わるようなものが望ましいとされています。

乾杯挨拶を任されたら!

納会の乾杯挨拶を任されたら、焦ってしまう方が多いのではないでしょうか。

どういった挨拶したらいいのか分からなかったり、さらに人前で話すということがそもそも苦手という方はいらっしゃいますよね。人前に出ると、声が震えたり、顔が真っ赤になってしまったりするので、こういった挨拶が苦手だという方もいると思います。こういった方はどのようにこういった乾杯挨拶を乗り切ればいいのでしょうか。

一つの経験として成長しよう

人前に出ての乾杯挨拶はかなり緊張しますが、社会人としての一種の試練だと思います。こういった経験は、どんどんこなしていくことで慣れていくものですし、一つの勉強で良い機会なのだと思いましょう。成長するチャンスだととらえて、しっかり対応できるようにしましょう。

乾杯挨拶の内容

乾杯挨拶の内容ですが、どんな内容を伝えればいいのか分かりません、という方は多いと思います。しかし、内容についてそれほど神経質に考える必要はないです。

例えば、インターネットで検索しても色々な挨拶がヒットしますし、参考にメモをしてある程度内容を作り上げておくとよいでしょう。たとえば、天気ネタや、季節ネタなどを挟んで、今年の皆さんの頑張りに乾杯!といったような流れで良いでしょう。

納会における乾杯の挨拶の例

「みなさま今年も一年お疲れ様でした。今年は○○という年でした。語りたいことは山ほどありますが、せっかくのビールがまずくなってしまいますので、手短に乾杯の音頭を取らせていただきます。それでは皆さん一年の疲れを癒してください!乾杯!」

年末の納会の乾杯挨拶は、手短に終わらせましょう!

年末の納会や忘年会で挨拶を頼まれることもあるでしょう。納会の乾杯挨拶となると、途端に「どうしよう」と悩む人はいると思いますが、なんとなく言うことを考えておき、短くまとめればよいのです。

納会の乾杯挨拶はさっと短めに終わらすのが良いと考えられています。あまり長々話さなくても、ある程度まとめた短いあいさつで良いと思います。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月25日ビジネス

Posted by BiZPARK