基本情報技術者に対する就職・転職市場での評価

2017年1月16日資格

基本情報技術者の試験について

Woman 828888 640

基本情報技術者はIT関連の資格としてよく知られています。そして、これから基本情報技術者の資格取得を目指すという方もたくさんいるでしょう。まずは、基本情報技術者試験がどのような試験なのかをまとめてみました。

IT系の入門資格で有名&人気がある

基本情報技術者とは…

国家資格の一つで、経済産業省管轄の情報処理技術者試験で取得できます。IT系の資格には様々ありますが、国内で最もメジャーなIT系資格といえます。

「将来、SE(システムエンジニア)やプログラマーになりたい」

「これからは業界問わず、情報処理に関する知識の必要性を感じる」

「IT業界に就職・転職したい」

そんな方にとっては、うってつけのIT資格でしょう。難易度としては「入門」に位置しますので、試験の出題範囲にあわせて勉強すれば、初心者の方でも無理なく学習することができるのも、この資格が人気の理由でしょう。

国家資格であるのも人気の理由

IT資格を大まかに分類すると、次の三つに分かれます。

・国家資格

・公的資格

・民間資格(ベンダー資格)

これらの中で、信用・評価が最も高いのは国家資格です。そして、基本情報技術者は国家資格に該当します。それは、IT系のどの職種やポジションにおいても共通して通用するためです。

新入社員に基本情報技術者の取得義務を課す企業も多い

基本情報技術者は、技術力の水準を図るために使われるので、各業界で強い影響力を持っています。実際、IT系の企業の多くは、新入社員に基本情報技術者を取得するよう奨励しているのが現状です。会社によっては、入社前の取得を課すところもあります。

基本情報技術者が活かせる職種例には、PG(プログラマ)やSE(システムエンジニア)がよく挙げられますが、他職種でも知識を持った方が今後の武器になるでしょう。

基本情報技術者の資格を就職・転職に活かすには?

就職活動では、資格を保持している方が有利になりやすいです。基本情報技術者試験をはじめ、IT系の資格であれば、活かしやすいでしょう。

また、新卒の就職活動だけでなく、中途採用・転職活動においても資格をもっている方が有利になります。基本情報技術者も強い武器になる事が考えられますが、どうすれば効果的に活かせるのでしょうか?

就職活動では、資格の取得目的を明確にすると自己PRにつなげやすい

基本情報技術者試験のようなIT系資格は、取得目的を明確にして自分のキャリアと結びつけると、就職に効果的です。

実務経験が少ない、あるいはまったくない状態でも、目標を立てて着実に努力している姿勢が採用企業側に伝われば、評価されやすいですよ。何となく取得しただけの場合も、就職面接では「自分のキャリアが~~で、今後必要になると思ったため取りました」など、しっかり説明しましょう。

就職や転職でどれくらい評価される?

基本情報技術者に合格した暁にはどのようなメリットが待っているのでしょうか?そして、就職・転職では、企業からどのような評価がされるのか。気になる点をまとめてみました。

基本情報技術者試験に合格すれば、20代はやる気をアピール出来る

Lgf01a201410030700

一般的に、20代の就職・転職はポテンシャル、30代以上の就職・転職は専門的(体系的)なスキルをアピールするのが効果的と言われています。

20代でSEを目指す場合、企業もポテンシャル重視で採用活動をするケースが多いです。基本情報技術者試験に合格すれば、自分のポテンシャルや意欲をアピール出来ます。

このように、仕事に対する「本気度」をアピールするためにIT資格を取得・保有するのは、大きな説得材料になります。基本情報技術者試験は、IT資格の中でも合格のハードルが比較的低いと言われていますが、他の試験と同様にアピールにつながる事には違いありません。

基本情報技術者試験の合格だけでは評価は高くないので注意!!

基本情報技術者試験が人気の資格で、IT業界に限らず役立つとお伝えしてきました。しかし、この試験に合格するだけで評価が高くなるかといえば、答えはノーです!

若手がやる気をアピールするのにはもってこいですが、SEを目指す人が受ける試験には、まだまだ難易度の高い試験があります。独学でそれらの試験を取得する人もいます。

新卒や第二新卒でやる気をアピールするなら基本情報技術者試験がおすすめですが、実務経験を積んでいるSEやPG、あるいは中堅以上の社員は、他の項目で強みをアピールした方が無難です。

基本情報技術者試験は、20代の就職・転職で特に活かせるオススメのIT資格!

就職・転職市場での基本情報技術者に対する評価を見てきましたが、いかがでしたか?SEを目指す人に限らず、IT業界に興味がある人は目指してみましょう。システムエンジニアの入門資格と言われていますが、新卒就活だけでなく転職にも活用できますので積極的に取得を狙ってみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス, 転職

Posted by BiZPARK