お葬式で取引先関係者が亡くなった際の会社マナー

2016年11月29日冠婚葬祭, 取引先

会社でお通夜やお葬式に参加するには偲ぶ気持ちを伝えるのがマナー

Ueno park 951206 1280

ビジネスにおいて取引があった会社の関係者が亡くなった場合は、会社としてお通夜やお葬式に参加するのが、社会人としてのマナーであると言えるでしょう。ただし、企業の規模や担当者との関係などもあり、必ずしも代表者が参加できない場合もありえます。そういったときは、弔電や挨拶状などの対応をする場合もありえます。

お葬式に参加できない場合でも絶対に対応はしよう

取引がある会社の人が亡くなった場合、最も適切なのは、適切な代表者がきちんとお葬式に参加することです。可能であれば、お通夜も参加したいところですね。お葬式が難しい場合は、お通夜だけというのもあり得ます。ただし、どうしても参加が出来ない場合は、弔電や供物、挨拶状などを使用して、偲びの気持ちを伝えるというマナー表現もあります。

会社のお葬式対応は事前に話し合うのがマナー

取引先の会社のお葬式において、どの程度までの参加や対応をするべきなのかは、会社内できちんと話し合って決めるようにしましょう。マナー内容として、お葬式の参加から、ご香典、供物、供花、弔電など様々なものがありえます。どのような取引内容だったのか、亡くなった人との関係や立ち位置についても考えて誠実な対応をしましょう。

相手との関係性や取引の流れを意識しで誠実な態度がマナー

ビジネス相手のお葬式がある場合は、会社としてお葬式に参加し、お悔みの気持ちを伝えるのが社会的なマナーですよね。しかし、一口にお葬式に参加するとは言っても、ご香典を渡す、供物や供花を送るなど、対応内容は意外と幅広くなっています。注意すべきことは、相手との関係や取引における流れなどを意識した上で、誠実な態度をとることです。

会社単位のお葬式はマナーのすり合わせをしておこう

会社単位でお葬式に参加する場合は、マナーも様々なので注意するようにしましょう。取引先で亡くなった人の宗教によって、適切な対応が違ってくる場合も多いです。お供えもののデザインなども前もって相談しなければいけませんし、ご香典を渡す場合は、社内で適切だと割り出された金額を用意しなくてはいけないのを忘れないでください。

ご香典の表書きは「○○会社一同」と会社全体の連名にしておく

取引先のお葬式があった場合、まずは亡くなった人の宗教や地域などを聞いた上で、そのお葬式に適したマナーで対応をすることが大切です。供花のデザインなどは統一感を考える場合もあるので、葬儀会社等に直接問い合わせてお願いするのが良いでしょう。ご香典の表書きには、「○○会社一同」のように、会社全体の連名にしておくのが一般的です。

お葬式で取引先関係者が亡くなった際は事前に会社対応を打ち合わせしておくのがマナーとなる

お葬式で取引先関係者が亡くなった際の会社マナーについて、ご紹介いたしました。取引先の突然の不幸の場合は、迅速で丁寧な対応が求められています。社会人として、お葬式における様々な対応の一般マナーは、きちんと身に着けておきたいところですね。相手の事情も考えた上で、会社内でもきちんと相談して、お悔みの気持ちをきちんと伝えられるようにしましょう。ご香典や供花の準備などは、下調べもきちんとしてくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK