職場でたばこを楽しくたしなむための喫煙所マナー

喫煙

マナーを守って喫煙所を大切に使おう

Gf01a201502131000

自分の席で好きな時に煙草を吸えるような職場はほとんどありません。喫煙所まで行って吸わなければなりません。喫煙者には年々風当りが厳しくなってきています。しかし、厳しい風当りを招いているのは一部のマナーの悪い喫煙者です。マナーを守らないと、喫煙所さえ撤去されてしまうかもしれません。喫煙所は大切に、マナーを守って使うようにしましょう。

第一のマナーは職場の喫煙所を清潔に保つこと

職場の喫煙所は清潔に使うのが第一のマナーです。当たり前のことですが、灰は灰皿の中に入れましょう。灰皿に吸い殻がこんもり溜まっていて、その周囲にも灰や吸い殻が散乱しているような状態は職場の雰囲気を悪くします。掃除をする専門の人がいるとしても、傍から見てあまりにもみっともないような状態では、喫煙者全体が批難されてしまいます。

仕事中には喫煙所に長居しないのがマナー

職場で煙草を吸わない人は頻繁に喫煙所に行き、長居をする喫煙者をサボっているとみているケースが多いです。自分の席と仕事から離れて、喫煙所に籠っているのだから当たり前です。喫煙所に長時間いるのは昼休憩の時間や就業前や終業後のみにするのが、同僚に対するマナーだといえるでしょう。就業中は給料が発生しているという自覚を持ち、なるべく喫煙所に行かない、行っても短時間で済ませるのがマナーです。

気分転換を言い訳にしないように注意

職場で煮詰まった時、喫煙所で一服したり、喫煙仲間と他愛ない雑談をするとよい気分転換になることが多いです。たばこ休憩の後に集中力が増すかもしれません。しかし、気分転換をたばこ休憩の言い訳にしてはいけません。たばこを吸っていない人にとってはサボっているようにしか見えないことを忘れないようにしましょう。お手洗いに行く頻度や時間を目安にするのがマナーといえます。

職場の喫煙所を利用する際はニオイのマナーにも注意

職場の喫煙所で気を付けなければならないのがニオイです。たばこを吸わない人にとって喫煙者が思っているよりもたばこのニオイはきになるものです。喫煙所が部屋なのならば、必ず扉は絞めるようにしましょう。たばこを吸い終わって業務に戻るときには体臭や口臭に気を付けるようにしましょう。とくに来客の前には注意が必要です。

喫煙所は親睦をふかめるチャンスなのでマナーを守って利用しよう

職場の喫煙所は様々な人と親睦をふかめるチャンスがあります。普段あまり交流のない部署の人やなかなか話しかけづらい上司や立場が上の人とでも、不思議と煙草という共通の嗜好があると緊張せずに話が弾みやすくなります。マナーを守って気持ちよく喫煙所を利用できるようにしましょう。

職場などでお客様を目の前にしているときの喫煙は避けよう

もしお客様が職場に来ている場合は、お客様に喫煙を進めるケースがあるかもしれません。そういった場合でも、お客様の前では自分は喫煙はしないようにしましょう。また、自分が他社の職場に出向いていって喫煙を勧められた場合でも、よほど強く勧められない限り、喫煙は避けるのがよいでしょう。

職場の喫煙所を利用する際は喫煙時間やニオイのマナーに注意しよう

職場で喫煙所に行く場合は仕事中だということを忘れないようにしましょう。就業中の頻繁なたばこ休憩はサボっているとみなされます。就業中に頻繁に喫煙所に行ったり、何十分も長居したりするのは止めましょう。その一方で、喫煙所の一服は気分転換になったり、他部署の人との親睦をふかめるチャンスです。マナーに気を付けて楽しみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス