新入社員に許されるタバコ休憩と喫煙マナー

2016年11月29日喫煙, 新入社員

新入社員のタバコ休憩に対する周囲の印象は「悪い」

Cigarettes 923183 960 720

まず非喫煙者にとってタバコ休憩の印象は良くありません。規定の休憩時間以外に喫煙者だけに休憩時間が与えられるのは納得がいかないのです。非喫煙者社員が取れる時間と言えば、トイレに行くくらいなのだから無理もありません。新入社員が頻繁に席を立っていては、悪い印象は避けられません。

それでも喫煙したくなったら、”短時間”で済ませよう

仕事中に喫煙したくなったら、新入社員としてまずは我慢しましょう。どうしても我慢できなくなった時には、失礼を重々承知の上、休憩を取らせてもらいます。しかし、出来るだけ短時間で終わらせましょう。間違ってもコーヒー片手に喫煙場所で他の新入社員と話し込んではいけません。

新入社員に許されるタバコ休憩とは?

新入社員のタバコ休憩で一番良くないのは、社員が忙しい時間帯、あるいは、まだ仕事が一段落もしていない時間にとることです。新入社員が忙しい時間帯に休憩するのは、マナー違反です。喫煙したくても我慢しましょう。

その際のタバコの喫煙は印象が良くありません。新入社員はタバコのことは考えずに集中して取り組む姿を見せましょう。新入社員はタバコを我慢してでも、一番最後に休憩を取る気持ちでいるべきなのです。それでは新入社員に許されるタバコ休憩とはどんなものでしょう。

タバコ休憩は”10分以内”に抑える!1日に3回が限度

Cigarette 599485 960 720

日刊工業新聞の調査によると、離席で許せる時間は、10分以内との回答が全体の約7割となりました。その中で、5分という回答が3割あったことからすれば、5分に近い7~8分程度が許容範囲です。一日に3回を限度として、スマートな休憩時間を取りましょう。

新入社員が注意すべき”臭い”の喫煙マナー

喫煙後の臭いは、本人が思うよりもジャケットや袖周り、髪の毛などにかなり残っているものです。タバコ休憩から戻った人の体から、周りの人たちは強く臭いを感じてしまいます。たとえ喫煙者であっても気になるでしょう。

消臭・口臭スプレーと手洗いが消臭対策には効果的!

Smoke 1001667 960 720

新入社員はタバコのにおいを身にまとわないように携帯できる消臭スプレー(タバコの煙用)、口臭スプレーを活用しましょう。これなら他社員の人たちの集中力を妨げる心配もありません。意外に手にも煙の臭いは付くので、手を洗うのも臭い消しにも有効です。消臭対策をとっておけば、タバコ休憩の印象も良くなるかもしれません。

新入社員のタバコ休憩は10分以内に1日3回が限度!喫煙後は消臭対策を

新入社員のタバコ休憩では、周囲への気配り、臭いの配慮、タイミング。これらのマナーを守りましょう。喫煙所で吸えば、タバコは喫煙者仲間との有用なコミュニケーションツールとなります。

また、新入社員が喫煙所へ行く際には、上司に「煙草を吸いに行ってもよろしいでしょうか」と確認をしましょう。喫煙後は、吸殻や灰の掃除も忘れないで下さいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK