できる営業マンが気にしている訪問回数とは

2016年12月13日営業, 訪問

営業は訪問回数で決まる?

一見、営業では訪問件数が大事だと思われがちです。しかし、実際は訪問回数の方が大事だといわれているのです。

最初は何度も訪問して迷惑がられていたとしても、訪問回数を重ねることで営業マンと顧客との信頼関係ができ、契約といった結果をだすことができるのです。営業訪問と一言に行ってもたくさんの件数を回ればよいのではなく、何度も同じ顧客へ出向くのが重要なのです。ただし、ただ単に何度も何度も同じ顧客の下へ足を運べば、信頼関係が築けるというわけでもないのです。

訪問回数を増やすためには?

訪問件数より回数の方が大事と分かっても、簡単に訪問回数を増やせるものではありませんよね。

限られた時間の中で、お得意様などを中心にチャンスをものにするには、やはり回数を重ねることです。脈があるお客様との関係を特に重視するなど、回数を重ねることで営業をする優先順位を付けるのも大事でしょう。

ただ、手当たり次第に営業するのではなく、一回の営業の質を高めることに意味があるのです。ひたすら同じ内容で訪問されても、顧客も何度もしつこいなと悪い印象を与えかねません。そのようなことにならによう、訪問回数を重ねる場合は、違った理由や内容を用意して訪問しましょう。

営業スタイルを少し変えるだけで、顧客が受ける印象も変わることもあるのです。

営業が訪問の際に気を付けるべき点

訪問営業をする際には基本的なマナーに気を付けましょう。

つい営業に先走りがちになるかもしれませんが、マナーを守らないとお客様に不快な思いをさせてしまうため注意が必要です。営業を行う上でのマナーには、言葉遣いや話の聞き方、挨拶や身だしなみなど気を付けることがたくさんありますが、普段から意識して行動をすると自然と身に付くでしょう。

マナーがなっていない営業と、しっかりマナーができている営業が同じ内容の契約を持ってきたら、もちろんマナーがなっている方を選びますよね。

このようにマナーも契約へ近づく一つの方法なのです。

マナーひとつで落とす契約も、もちろんあるということを頭に入れておきましょう。

まとめ

できる営業マンの顧客訪問は、手当たり次第に多くの件数を訪れるのではなく、信頼を深めるために1件の顧客に対する訪問回数を重視するのがポイントです。また、同じ顧客に対し回数を重ねる場合は、理由もなく通い続けるのではなく、内容や提案するポイントを変えてみるなど、営業スタイルを変えてみるのもひとつの手段といえるでしょう。

また、マナーや身だしなみは営業マンにとってはとても大事です。言葉遣い一つで失ってします契約だってあるのです。マナーや身だしなみにも十分気を配、お得意様などは特に注力しながら、回数を重ねたできる営業マンを目指しましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月13日転職

Posted by BiZPARK