ビジネスマナーを守ったストッキングの選び方

身だしなみ

ビジネスマナーは服装のどの部分にもある

Business 456757 1280

就活や普段の仕事など、さまざまな場面でビジネスマナーに気をつけなければならない場面があります。その時にスーツやメイクなどに気を遣う人は多いのですが、いわゆる足元に関してはスルーしてしまう人も少なくありません。スカートやパンツスーツを着用する際に、足には靴下やストッキングのどれを着用するのが正しいビジネスマナーなのでしょうか。

女性はストッキングを履くのが正しいビジネスマナー

就活や仕事の際、女性は足元についてどう気をつけるべきでしょうか。基本的にストッキングを着用するのが、正しいビジネスマナーです。素足を魅せるのは男女関係なくビジネスマナー違反とされています。そのため、男性は靴下、女性はストッキングを着用をしなければなりません。服装によっては女性でも靴下を履く人も少なくはありませんが、見た目が良くありませんし、何よりスカートだと素足が見えてしまうのでなるべくストッキングを着用しましょう。では、ストッキングの着用がビジネスマナーとすれば、どのようなデザインのを選ぶと良いのでしょうか。

ベージュのストッキングがおすすめ

女性が着用しなければならないストッキングはベージュの色を選びましょう。素足と似た色合いなので自然に見えますし、黒やグレーのスーツを着用しても清潔感が出て見た目が良いのが特徴です。なお、寒い季節にタイツを着用する人も少なくありませんが、ストッキングより厚手のタイツを着用するのは基本的にビジネスマナーとしてはあまりふさわしくないとされています。かなり寒さが堪えるかもしれませんが、冬のシーズンでもなるべくベージュのストッキングを着用しましょう。また、足元の傷あとが気になる方はストッキングの中でも厚手のものを着用すると良いでしょう。

黒ストッキングはお葬式などの場合のみ認められている

ストッキングの色は種類があり、もう1つの代表として黒色があります。なかには足元がスマートに見えるからと黒いストッキングをはこうとする人もいるでしょう。しかし、ビジネスマナーの上では黒ストッキングはお葬式などに参列する際しか着用することが認められていません。プライベートでおしゃれの一環として着用するのは全く問題ありませんが、黒いストッキングは前述の通りネガティブな場面で用いられるものなのであまりいい印象を持たれません。また、特に就活生は黒ストッキングの着用で新鮮さ、フレッシュ感を減らすとされているため、なるべくはかないよう心掛けましょう。

ファッション業界などは柄物でもよいとされる

中にはストッキングの色合いに対してそこまで厳しい制限やビジネスマナー上の注意を行わないところもあります。ファッション業界ではトータルコーディネートを重視する部分があるため、いわゆる若者系ファッションを手掛ける企業などでは柄物や派手な色合いのストッキングの着用が認められやすいでしょう。また、普段からデスクワークで営業や接客を行わない企業では、オフィス内の業務時に限ってベージュ以外のストッキングやタイツ、靴下の着用を認めているケースもあります。

パンツスーツでも肌色のストッキング着用は必須

ここまで紹介してきたストッキングの着用は、スカート着用時におけるビジネスマナーとして紹介してきましたが、パンツスーツで就活・勤務する場合でも着用するべきなのでしょうか。ビジネスマナー上、パンツスーツであってもストッキングの着用が基本です。中にはタイツを履いたり、夏場だと素足にパンプスとする方もいるかもしれませんが、これも上記の通り認められていません。夏の暑さが気になる方は冷感素材のものを着用しましょう。

女性のストッキングはベージュがビジネスマナーだがファッション業界などでは柄物でもよいケースがある

ここまで女性におすすめの足元のストッキングについて確認してきました。ストッキングはスカートでもパンツスーツでもベージュの色合いを着用するのがビジネスマナーとなっており、黒色はプライベートでのおしゃれか、お葬式の場でしか着用してはいけません。ただし、ファッション業界などトータルコーディネートが求められる分野では柄物の着用でも問題ないでしょう。また、常にデスクワークの企業など、足元を見られる時間が少ないところであればタイツの着用可能とする企業も少なくありません。なるべくベージュのストッキングを着用しつつ、場に応じて対応できるようストックを供えておいたほうが良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月19日ビジネス