徹夜明けを乗り切る効果的なダメージ回復法

2016年11月29日リフレッシュ方法, 作業効率

徹夜で疲れを残さないようにするためには?

1024 cc library010007392

徹夜が避けられない状況になったら、疲れによるダメージが残らないように作業を行い、かつ徹夜の疲れを回復させておく工夫が大切です。

日中か前日は多く寝る!

事前に徹夜になることが分かっている場合は、前日、又はその日の日中に多く睡眠時間を取ることで、翌日のダメージを残りにくくさせます。

徹夜を乗り切る方法は仮眠!

完全徹夜を実行するためには、多少の睡眠時間が必要だと言われています。ダメージを最小限に抑えるためにも、仮眠は取った方がよいでしょう。

徹夜をするなら必ず仮眠をとろう!

徹夜は睡眠時間というのが極端に減らされてしまいます。

そのため、夜遅くまで起きていると、睡眠時間が足りないせいで作業が捗らず、飲酒している時と同様に、物事が頭に入りづらくなってしまうのです。

ですから、徹夜をしようと考えている人は、必ず仮眠をすることを心掛けましょう。

15分程度の仮眠をすることが、徹夜を乗り切る方法です。

事前に仮眠することで作業効率は下がりにくい

夜勤や徹夜など、どうしても夜遅くに起きなければいけない場合は、必ず事前に仮眠を取ることをオススメします。

一睡もしなかった人と15分でも仮眠をとった人の作業効率を比べると、15分でも睡眠時間を取った人の方が、圧倒的に作業効率は良いです。

また、ガムを噛むなどの小手先のテクニックで目を覚ます人もいますが、これを行っても能率は悪いです。

また、仮眠は15分取るのが良いと記載しましたが、出来れば80~100分取るのが一番理想的です。

カフェインを摂取するのもオススメ

また、飲み物を飲むことも重要です。

濃いめのコーヒーや紅茶、緑茶にはカフェインが含まれていて、一定時間覚せい作用があります。

しかし一方で、カフェインの摂りすぎには注意しましょう。

がぶ飲みではなく、喉が渇いたと感じたら、一口二口飲んで潤す程度で続けましょう。

徹夜したときのダメージはすぐに回復させよう

どんなに工夫したとしても、徹夜のダメージは回復せずにそのまま残ります。徹夜明けにどうするかで、回復力は変わってくるものです。色々と徹夜を乗り切る方法を試して、自分に合った回復術を身につけましょう。

仮眠・夜食・ネットなどに気を付ける

Macbook 577758 640

徹夜をするのは、体に大きな負担をかけます。体内時計は狂ってしまいますし、勿論翌日の通常業務にも大きな支障をきたします。

どうしても徹夜をする場合に乗り切る方法としては、

・仮眠

・夜食

・ネット

・時間制限

こういった点に気を付けていけば、比較的ダメージを回復させられます。

徹夜明けは睡眠時間・食事に配慮しよう

徹夜明けは、睡眠時間にも気を遣いましょう。

・昼間は2~3時間程度寝る

・夜は少し早く寝るように心がける

また、徹夜明けの食事にも気をつけましょう

・食事をとる時間はいつも通り

・タンパク質を含む定食タイプを食べよう

徹夜明けのダメージを回復するには、睡眠時間・食事に配慮しよう!

できれば徹夜はしない方が勿論いいですが、徹夜をしなくてはいけない場合は、仮眠などで睡眠時間をしっかりと取り、食事にも気を遣いましょう。また、徹夜は水分不足になりやすいため、水分補給も忘れずに。

これらを参考に、徹夜によるダメージを少しでも回復して、翌日までその疲れを残さないようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK