職場の女性に片想いした男性の上手なアプローチ方法

アプローチ, 片思い

職場の女性に片思い①仕事に打ち込む姿をアピールするアプローチ

Businessman 449927 640

ここでは、あくまでも「ある程度時間をかけて無理なくアプローチする」という条件で、片思いの相手にアプローチするおすすめの方法を紹介します。同じ職場の人に片想いした場合、そうでない状況と比べると、いろいろ制約もあり、リスクもつきもの。そのリスクをできるだけ小さくするために、片思いの相手にアプローチするにも「無理をしない」という条件つきの方法を提案するのです。

最初のステップは、「仕事に打ち込む姿をアピールし、片思いしてる女性の関心を引く」という、いわば「準備段階」です。片思いという距離もあって、ずいぶんまだるっこしいアプローチ方法と感じる人も少なくないでしょう。しかし、一生懸命働く男性には、多くの女性が心惹かれるものです。

相手の目を意識して働くとモチベーションも上がる!

また、職場の片想いの相手の「目」を意識して働くと、仕事に対するモチベーションが大いに高まります。結果として仕事の成績が向上するにちがいありません。つまり、片想いの相手にアピールしつつ、仕事の成績も上がってしまうという、一石二鳥の方法といっていいでしょう。さらに、働いてる合間に「ふと」という感じで、片思いの彼女と目を合わせるようにするとさらに効果的。アイコンタクトによって、あなたに対する相手の意識はさらに強まります。

職場の女性に片思い②仕事のフォローで接近するアプローチ

次のステップは、もう少し積極的な方法を取ります。片思いとはいえ「同じ職場」という利点を大いに利用する作戦です。片思いしてる彼女の仕事上のミスやトラブルを積極的にフォローしましょう。片思いの相手が困っているシチュエーションが、こちらのチャンスなのです。ぜひ、「頼れる存在」であることを、行動でアピールしてください。

やがて彼女の方から仕事上の相談をもちかけてくることも?!

そのほかにも、片思いしてる彼女の残業につきあうとか、ちょっとした報連相で彼女をバックアップするという方法も有効なアプローチ方法です。特に「いっしょに残業」というのは大チャンス。そうした時間を共有することで、やがて彼女のほうから、仕事上の相談事をもちかけてくることもありえます。

仕事上の相談に乗って、適切なアドバイスをするのも、「頼れる男性」をアピールするのに最適の方法になります。このようなアプローチを自然に行うためにも、第一段階の「仕事に打ち込む姿を見せる」という、前段階の準備が有効なのです。

職場の女性に片思い③職場の行事や飲み会を活用するアプローチ

同じ職場にいれば、職場の行事や飲み会で片想いの相手といっしょになる機会も少なくないはず。そうしたシーンを最大限に活用してアプローチしましょう。最初はあえて少し距離を置き、たとえば飲み会でもやや離れた席からのアイコンタクトを試みましょう。そして、社員旅行のような、より長い時間を共有する機会を利用して、少しずつ距離を縮めていくのです。

いっしょにランチをとるのが当たり前になったら「告白」!

そのようにして、片想いの相手と自然に話をする機会を増やすことができたら、次は日常的なシーンでの「時間の共有」です。おすすめなのが「いっしょにランチ」。最初から2人きりでは、下心が見え透いてしまいます。ですから、最初は3人以上で。それを数度繰り返してから、2人のランチにレベルアップするといいでしょう。

そして、2人でランチに行くのがめずらしくなくなった段階で、いよいよ「告白」です。告白のタイミングについては、「『少し遅すぎるかな』と感じるぐらいでちょうどいい」と考えるとまちがいありません。同じ職場の片想いの女性に対するアプローチは、それぐらい慎重であるべきなのです。

職場の女性に片思いしている男性は段階的なアプローチで距離を縮めるべし!

職場の女性に片思いしている男性は段階的なアプローチで距離を縮めましょう。同じ職場にいる片想いの女性に対するアプローチ方法を3段階で紹介しましたが、職場恋愛を成就させるには、このように時間をかけて段階を踏み、自然な形でアプローチしていくのが、もっとも賢明なやり方です。もちろん、「いきなり告白」といういう手がないでもありませんが、「失敗したくないから、できるだけ安全な方法で」と考える方は、ぜひ参考にしてください。"

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス