ちょっとした心得で高められる挨拶の効果とは

2016年12月16日挨拶

なぜ挨拶は必要なのか?

People 238395 640

挨拶はコミュニケーションの基本となります。知り合いはもちろん、初対面の人に対しても互いの存在を確認し合う重要なツールなのです。どんなに世の中が便利になろうとも、挨拶という基本は忘れてはならないものなのです。そんな挨拶はなぜ必要なのか、その点について確認しましょう。

挨拶はお互いのコミュニケーションを円滑にする効果がある

日常会話からビジネスシーンまで、さまざまな場面で挨拶をしますが、その際にしっかりと挨拶ができていると相手とのコミュニケーションを円滑にできるようになる点が1つ目の効果でしょう。初めて会う相手が全く挨拶をしなかったら多くの人は「感じが悪い」とか「人と接するのが苦手なのかな」と思ってしまい、その後の会話もどこかぎこちなくなるかもしれません。

しかし、最初の段階で元気な挨拶をすると「明るい人」とか「気軽に話しかけられそう」といった印象を持つので、自分からだけでなく相手からも話を振られるなど、よりコミュニケーションを取りやすくなる効果があります。

挨拶をすると明るい気分になれる

挨拶をする効果は、された側だけでなく、挨拶をした本人にも出てきます。普段は自分に自信のない人でも、明るい声で「おはよう!」や「こんにちは!」と挨拶すると、相手もにこやかに返事をしてくれるでしょう。それを繰り返せば次第に自分自身の気持ちが楽になり、より明るい気分で過ごせます。挨拶は形式的なものではなく、臨機応変に対応することによって、自分にも、周りにもいい影響を与えることができる方法といえますね。

社会人は挨拶ひとつで評価が変わることがある

上記のように、挨拶をするだけでもさまざまな効果が得られます。もし、挨拶をただの形式的なものと思っている人はその認識を改めたほうが良いでしょう。特に社会人は、挨拶の仕方ひとつで評価されてしまうかもしれません。やり方を間違えてしまうと周囲の目も厳しくなるのです。逆にいえば、ちょっとした心得で高感度を上げることもできるのです。

同じ挨拶でも声のトーンやプラスアルファの言葉で評価が変わる

社会人になると挨拶は欠かせないものとなります。挨拶を交わす相手は職場内だけでなく、そのご家族や取引先など接する人などバラエティ豊かです。不特定多数の人たちと接する際に挨拶は欠かせませんが、同じ挨拶であっても上記の通り声のトーンで印象が変わりますし、その言葉にプラスして話題を組み込んでみましょう。例えば「おはようございます。」でも、「おはようございます!朝はとても冷え込みましたね~」と会話をプラスすれば、コミュニケーションを大事にして、気配りのある人として評価されやすくなるでしょう。

過剰な挨拶は逆に反感を買うことを心得る

上記のように、挨拶をする際はプラスアルファの言葉を交えつつ、明るいトーンで話すと好印象を持たれる効果があります。しかし、あまりに過剰な挨拶を行ってしまうと反感を買う可能性がある点を心得ましょう。例えば、冠婚葬祭や重要な会議の場などの時に無駄に明るい挨拶をしたり、おめでたい席なのに暗い表情で挨拶をすると「空気の読めない人」と周りは評価します。常に挨拶は大事ですが、TPOを大切にしながらその都度対応しましょう。

ビジネスや人間関係にもたらす、良い挨拶の効果

挨拶を正しく理解することは、たくさんのメリットがあります。職場における意思疎通にはコミュニケーションは欠かせません。その重要なツールのひとつが挨拶なのです。また、上司や同僚との信頼感も生まれ、それがあなた自身の評価につながることだってあるのです。更には、そんなあなたを異性が見ているかもしれません。正しい挨拶は良い共感を得ます。気になるあの人とお近づきになるチャンスも巡ってくるかもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月16日ビジネス

Posted by BiZPARK